Tag Archives: 旬彩蔵1

兵庫県山崎町の「ふれあい市場 旬彩蔵」

中国道と山陰、山陽道が交差する交通の要所として山崎町は栄えてきました。 中国インターを降りて、北の方向(山陰方向)へ道を(>続きを読む)

揖保川の落ち鮎

毎年秋も深まってくると落ち鮎の時期となってきます。鮎の一生は短く、若鮎と言われたピチピチ鮎も秋には産卵を終えるとその一生(>続きを読む)

奥さんと買い物:宍粟市の旬彩蔵

奥さんと買い物です。奥さんと買い物に行ったのは、宍粟市の旬彩蔵です。 奥さんと買い物に行きました。奥さんは、選ぶ人で、旦(>続きを読む)

山崎町の旬彩蔵

山崎町の「旬彩蔵」

  2005年5月26日のドライブです。今年はまた大学院の勉強が始まり、昨年に比べると、近隣ツアーに行く時間も(>続きを読む)

宍粟(しそう)市山崎町の旬彩蔵

宍粟(しそう)市山崎町の旬彩蔵

  近年、町村合併が進み、全国各地に新しい市が誕生しています。企業側にもこの問題で負担を求められています。 た(>続きを読む)

揖保川の鮎 その1:松葉博雄の休日の過し方

お休みの日にどこに行こうかなと考えていましたら、いつも行く揖保川の「正起」から、「子持ち鮎の季節になりました」というダイ(>続きを読む)

兵庫県宍粟市揖保川「正起」の落ち鮎

宍粟市の山崎「旬彩蔵」

今日の休日は、揖保川の「正起」に落ち鮎を食べに行くことにしました。宍粟市の山崎に着いて、まず旬彩蔵で野菜を買います。今日(>続きを読む)

「旬彩蔵」に来ています。兵庫県宍粟市「旬彩蔵」で聞く、梨、カ

宍粟市のしそうふれあい市場「旬彩蔵」

しそうふれあい市場「旬彩蔵」に来ています。 「旬彩蔵」で秋の収穫物を巡りながら、思い出した歌がありました。 「メロンの心(>続きを読む)

夏になれば思い出す。揖保川の鮎と「正起(しょうき)」の鮎の塩

旬彩蔵

夏になると、忘れてはならない場所があります。それは、揖保川の川で育った鮎です。 6月から始まる鮎料理は、少しずつ鮎が成長(>続きを読む)

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」では、播州の特産品手延べそうめ

しそうふれあい市場・旬彩蔵

2008年7月31日(木)今日は定休日です。最近は、ガソリン価格の高騰もあり、あまり休みの日の遠出はしていません。 しか(>続きを読む)