Tag Archives: 宍粟

しそう よい温泉は宍粟郡山崎町与位にある天然温泉露天岩風呂で

しそう よい温泉は中国縦貫道の山崎I.C.で下車し、国道29号線を鳥取方面の北へ北上します。 しそう よい温泉は、位の洞(>続きを読む)

宍粟(しそう)市山崎町の旬彩蔵

宍粟(しそう)市山崎町の旬彩蔵

  近年、町村合併が進み、全国各地に新しい市が誕生しています。企業側にもこの問題で負担を求められています。 た(>続きを読む)

兵庫県宍粟市揖保川「正起」の落ち鮎

宍粟市の山崎「旬彩蔵」

今日の休日は、揖保川の「正起」に落ち鮎を食べに行くことにしました。宍粟市の山崎に着いて、まず旬彩蔵で野菜を買います。今日(>続きを読む)

兵庫県宍粟市揖保川「正起」の落ち鮎 その2

落ち鮎は今、お腹にいっぱいの卵をはらんでいます。 川のカニも出てきました。 しばらくくつろいで、川に小魚を獲りに行きまし(>続きを読む)

揖保川の風に吹かれて~提灯ばかりが浮くものか、私の気持ちも浮

清流揖保川

  播州宍粟市に流れる、清流揖保川の川沿いに、鮎茶屋があります。初夏になると、鮎料理のご案内が届きます。 揺れ(>続きを読む)

「旬彩蔵」に来ています。兵庫県宍粟市「旬彩蔵」で聞く、梨、カ

宍粟市のしそうふれあい市場「旬彩蔵」

しそうふれあい市場「旬彩蔵」に来ています。 「旬彩蔵」で秋の収穫物を巡りながら、思い出した歌がありました。 「メロンの心(>続きを読む)

鮎は、さかなへんに「占」で、鮎の縄張りの強さを表わしています

【揖保川】宍粟市の正起へ鮎を食べに

魚には、「愛」と「恋」があります。これは、正しく書けば、「鮎」と「鯉」となるんだけど、言葉でしゃべって言えば、どれが、ど(>続きを読む)

夏になれば思い出す。揖保川の鮎と「正起(しょうき)」の鮎の塩

旬彩蔵

夏になると、忘れてはならない場所があります。それは、揖保川の川で育った鮎です。 6月から始まる鮎料理は、少しずつ鮎が成長(>続きを読む)

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」では、播州の特産品手延べそうめ

しそうふれあい市場・旬彩蔵

2008年7月31日(木)今日は定休日です。最近は、ガソリン価格の高騰もあり、あまり休みの日の遠出はしていません。 しか(>続きを読む)

宍粟郡山崎町の鮎茶屋「正起(しょうき)」で、今年も水槽の鮎を

鮎茶屋 正起 しょうき

「しそうふれあい市場・旬彩蔵」で買い物をした後は、鮎茶屋「正起(しょうき)」に向かいます。 鮎塩焼御前が2250円、鮎姿(>続きを読む)