恩納村前兼久青年会のエイサー踊り 第174回沖縄訪問記(5)

投稿No:8355

恩納村前兼久のエイサー踊りは、ホテル飲食店などを回っています。第174回沖縄訪問記(5)

沖縄のお盆

沖縄のお盆は2019年は、8月13日(火)~15日(木)までとなり、全国的なお盆と同じ日程です。

お盆の初日はご先祖様を迎える「ウンケー

二日目は三日間の真ん中として「ナカビ(中日)」

最終日をご先祖様をお見送りする「ウークイ」と言います。

お盆に踊るのがエイサー踊りで、盆踊りです。

2019年は旧暦と新暦のエイサーの日が珍しく一致しています。

お盆の入りが8月13日で、終わりが15日です。

お盆が終わって、ご先祖様がまたあの世に帰るお見送りの日がウークイです。

ウークイの日には、仏壇のある家に、門柱の皆さんが集まって、ご先祖様をあの世にお見送りをします。 

今日は、お盆が始まった日で、ウンケーの日です。

夕食は、沖縄料理みやぎやで頂きます。

みやぎやには、料理名人の金城さんがいます。

前もって金城さんに連絡して、どんなものを作ってほしいか、打合せしておくと用意してくれます。

前兼久青年団のエイサー踊り

沖縄料理みやぎやのお店には、前兼久青年団のエイサー踊りが8時にはやってくるそうです。

エイサー踊りもお願いすれば、お店まで来てくれますが、それには寄付が必要です。

エイサーの踊りは、企業周りや民家周りがあります。

ビジネスをしているお店をまわって、寄付金を頂くのです。

内地の盆踊りに相当するのは、沖縄ではエイサー踊りです。

エイサーは、若い人を中心に、太鼓とドラを叩いて、三線の歌に合わせて踊ります。

これまで何度もエイサー踊りを見てきました。

恩納村には、15の字があります。

それぞれの字では、自分たちの地域のエイサー踊りを踊ります。

前兼久では前兼久青年会を作っています。

顔なじみの人を見つけました。伊波ルイちゃんです。

ルイちゃんはミス恩納村として、恩納ナビーの役をしています。

2019年で人気を終わる年でしたが、恩納村でミスナビーを募集しても応募者がいなかったので、ミス恩納村を延長するそうです。

みやぎやの一番奥の席に案内されました。

ここに来ると、前金久の顔なじみの人が大抵居ます。

カーテンを開くと、窓の外には、ムーンビーチホテルが見えました。

前金久のムーンビーチホテルに接する国道58号線のストリートは、観光客を見込んだ飲食店がどんどん作られています。

土地の人が利用するようなお店に行かないと、美味しい料理には出会えません。

30年ほど前の地元の人が利用するような大衆食堂が、今でもあったらいいなぁと思います。

今は観光客相手の飲食店ばかりです。

前兼久のエイサー 関連記事

2019年8月11日(日)


←前へ:第174回沖縄(4)

→次へ:第174回沖縄(6)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください