沖縄には、竹藪がありません。竹藪がないので、筍は収穫されていません。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

沖縄には、杉、桧が植えられていません。杉、桧がなければ、春の花粉症は、ありません。 第152回沖縄訪問(2)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

内地にあって、沖縄にないものは、たくさんあります。その中に、今の季節の筍もあります。

沖縄には、竹藪がないのです。

沖縄には、春の花粉症もありません。なぜ、花粉症が、日本中で発生して、もはや、国民病とまで言えるようになったのかと言えば、それは、戦後の農林水産省の指導にあります。

農林水産省は、全国の山に、杉や桧を植えるように指導したのです。同じ事を全国で実行すれば、例え杉や桧が高級木材であっても、植えたときが一緒であれば、育ったときも一緒で、杉や桧の市場価格か、供給過剰で暴落するのも、自明の理です。

筍は、竹藪に発生します。その竹藪が、全国的に広がっています。それは、昔のように、山に入って、薪を集めたり、枯れ葉を肥料に使う為に収集していた里山が、捨てられているからです。

杉や桧の花粉症の問題も、筍を生む竹藪の大量発生も、その背景には、高齢化社会があります。

山に入って、作業をする事は、ある程度若い人の、元気な人たちが行っていた仕事です。

それが、高齢化社会になると、杉や桧の間引きができません。

こうして考えてみると、筍は大豊作で、市場価格が暴落するのかと言えば、そうではないのです。

筍を掘るには、かなりの力仕事で、タケノコ掘りをする人も、うんと減っています。

美味しい筍をとる為には、ぎっしり密集した竹藪ではダメです。風通りの良い、土の軟らかい山が良いのです。

つまり、竹藪も、杉や桧と同じように、間引きをしないで、放置していると、育たないのです。

今日の前兼久のお天気は、雨模様です。これでは海に入れません。

片山正喜さんと相談して、中城の方面に行ってみることにします。

2015年4月10日(金)

コメントを残す