金武(きん)ダムの金武ダム公園には、咲き遅れの彼岸桜が咲いていました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

大金知花では、ゆし豆腐を買って、持ち帰りしました。 第151回沖縄訪問(11)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

大金知花に行きました。片山正喜さんと、時々利用した事のある店です。

大金知花の中は、広く沢山の食品が並んでいます。この中には、沖縄風の食材が購入できます。

大金知花の右側には、大きな厨房があり、この厨房でお弁当を作っています。

お弁当は、大金知花のお店で売るだけでなく、別のお店にも卸しているようです。

沖縄のお弁当は、温度が高いので、食材が傷まないように、揚げ物が多いのが特徴です。

魚でも、お肉でも、加工食品でも、熱を通しています。

もう一つの特徴は、お弁当の値段が安いことと、量が多いことです。

さらに、品数もお弁当の中には沢山入っています。これになれていると、内地のお弁当は、いかにもケチなお弁当に見えます。

沖縄には、お豆腐の中で、ゆし豆腐とおいうお豆腐があります。ゆし豆腐とは、豆乳ににがりを加えただけの豆腐の事です。

次は、金武の貯水池です。昔沖縄は万年水不足の島でした。雨が降るのは台風のときで、台風の時に沢山の雨水が地上に降っても、すぐに海に流れてしまっていました。

それを、ダムを作って、雨水を溜めて、ぼちぼち使うようにしたのが、現在の貯水ダムとしての金武ダムです。

この貯水ダムは各地に作られていて、お陰で昔のように水饑饉という事態は、もうなくなりました。

金武の貯水池は、とても大きな貯水池です。ダムの下には、ヒガンザクラが植えられ、まだ少し咲き遅れたヒガンザクラを見る事が出来ました。

車を降りて、彼岸桜を見てみます。この貯水池の周りには、殆ど車は入ってきません。

車の往来がないので、安心して彼岸桜の花見ができました。

2015年3月1日(日)

コメントを残す