鰹とマグロを釣り上げて恩納漁港へ 第76回沖縄訪問(5)

鰹とマグロを釣り上げて、すっかり漁師になった気分で恩納漁港に戻ります
【第76回沖縄訪問:沖縄県恩納村朝日会、鰹つり、追い込み漁 その5】

第76回沖縄訪問鰹つり

今日は外は晴れです。6時半に起きて、7時の釣りの約束に向かって今、ホテルを出て、港に向かっています。

西の空にはまだ、月が残って、有明の月が見えます。天気に恵まれて、今日は、良い釣りが出来そうです。こんなに早く、起きるのも久しぶりの事です。

第76回沖縄訪問鰹つり

今日の釣りは鰹、マグロを狙う釣りです。どんな魚が釣れるか楽しみです。前兼久の集落と通り抜けて漁港に向かっています。鶏の朝の鳴き声も聞こえます。お家の垣根には、ゴーヤが植えられ、既に、置き網もぶら下がっているところがあります。パパイヤの実がなっているお庭もあります。

第76回沖縄訪問鰹つり

7時に港に来ました、誰もまだいません。まもなく金城さんがやって来ました。揃ったところで、漁に出かけます。

第76回沖縄訪問鰹つり

7時5分に「めぐみ丸」は漁場に向かっています。今日ご一緒する人は、西川さんです。冨着勝弘さんは予定を変え、参加しないことになりました。3人でスタートです。

第76回沖縄訪問鰹つり

今日の魚釣りの方法は、沖に出ると2本の釣り竿に餌を仕掛けて、およそ、30メートルばかり、糸を出して、船を走りながら、移動して鰹かマグロを誘うものです。

第76回沖縄訪問鰹つり

ポイントがあって魚が集まるところにいって、その周りをぐるぐる回ります。しかし、2~30分流したものの、全然手応えがありません・・・。

向こうに見えるのは残波岬の灯台です。西の空には月が半月の状態で残っています。

第76回沖縄訪問鰹つり

東の空から少しずつ、陽の強さを増した太陽が昇ってきています。船の流れは月の方向から太陽の方向へ、つまり西から東へ恩納村の陸地に沿って、ゆっくりと、低速で走っています。水深は3~400mといったところです。「きました!魚がきました!」

第76回沖縄訪問鰹つり

擬似餌によって、釣り上げられた鰹はバケツに入れられている間、暴れて、出血があり、そして、息絶えていきます。

第76回沖縄訪問鰹つり

次のブイのあるポイントまで、ぐるぐる周辺を船は巡りながら、また、トローリングをしています。

第76回沖縄訪問鰹つり

周りを見れば、もう一隻の船も同じような行動をして、鰹やマグロをトローリングしながら狙っています。

第76回沖縄訪問鰹つり

まもなく、7時45分になりますが、今のところ、鰹一匹釣れただけです。海上の波が穏やかで、今日は雨が降りそうにはありません。船の揺れも1mくらいでしょうか?たいしたことはないようです。

第76回沖縄訪問鰹つり

鰹とマグロは、同じような釣り方でどちらかが、釣れます。つまり、船の下では、鰹とマグロが入り交じって、回遊しているようです。

第76回沖縄訪問鰹つり

マグロは、止まることがなく、泳ぎ続けるようです。ここらで、一服とか、「何かいいことないかな?」と立ち止まることがないようです。忙しい魚です。

第76回沖縄訪問鰹つり

朝早く出たので、お昼になる頃には、マグロと鰹が釣れ、日中は暑いので、港に戻り、鰹を刺身にしてビールを飲みながら、海の恵みに感謝することになりました。そういえば、金城正則さんの船は、「めぐみ丸」です。毎回、海の恵みに感謝しているのでしょうか?

 

2006年6月16日(金)

コメントを残す