沖縄の亜熱帯植物を拾って、神戸に持ち帰り、観葉植物に育てます。

沖縄の亜熱帯植物の育成は、水と温度との調整です。冬になると、部屋の中に入れて、夏の暑いときは、水をこまめに給水します。わざわざ扶養家族を増やして、苦労しています。 第146回沖縄訪問(21)

沖縄のヤンバル地方をドライブすると、亜熱帯植物が沢山繁っています。神戸に亜熱帯植物を持ち帰り、暮らしの周りに亜熱帯植物を置いて、沖縄を身近に感じたいと思います。

むやみに、ヤンバルの亜熱帯植物を、勝手に採取してはいけません。許可を得て、所有者から亜熱帯植物をいただき、しばらく水に浸して、帰るまで枯れないようにしておきます。

もちろん、沖縄に置いておく亜熱帯植物もあります。今回神戸に持ち帰るのは、片山正喜さんからいただいた、沖縄の琉球アサガオの、根のついた蔓です。

どこにでも自生しているクワズイモも、観葉植物として神戸で育ててみます。ヤンバルのツアーをしているとき、時々は雑木林を伐採して、捨てられている亜熱帯植物を、見つけることがあります。こんな時は、ヤッター!と思えるほど、ラッキーです。

沖縄なら、捨てられる亜熱帯植物でも、神戸で育てれば、立派な観葉植物になるからです。拾ってまで育てようとする、こういう行為を、奥さんはあまり歓迎してくれません。

これから夏に向かう頃は、亜熱帯植物も育てやすいのですが、水が切れると、枯れてしまいます。秋になって、冬が近付くと、亜熱帯植物の温度管理が問題です。

寒い冬は、家の中に入れて越冬するか、野外なら、防寒対策が必要になってきます。拾った植物でも、育てるとなると、扶養家族になり、扶養家族を育てるとなると、また苦労が増えることになるのです。だから大変なのに、それでもまた、亜熱帯植物を拾ってきて、育てようとすることに、奥さんは呆れているようです。

神戸に帰る朝は、名残惜しく、恩納村の海をしばらく見て、レンタカーを運転します。沖縄レンタカーは、過当競争に巻き込まれ、事業縮小が続いているようです。社長さんに、過当競争の状況を聞かせて貰いました。

レンタカーの車が空いている時は、大手の旅行会社が募集する旅行パックセットに、車一台500円で貸すこともあるそうです。これでは、過当競争の行き過ぎです。

那覇空港で朝昼兼用の食事をして、ANAの便で、神戸に帰ります。以前のように、ANAのマークが入った飛行機ではなくて、ソラシド航空の飛行機です。

ANAの名前で乗客を集めて、機体はソラシド航空の機体を使うというこのやり方は、先ほどの沖縄レンタカーの車を使って、大手旅行社がパックツアー客を集めるやりかたと、通じています。

2時間近くのフライトですが、九州の手前位から降下が始まり、段々高度が下がって、四国を過ぎて、鳴門を過ぎると、明石海峡大橋が眼下に見えてきます。

飛行機の中では、奥さんと手帳を見ながら、沖縄モードから、神戸モードに頭を切り換えるように、これからの計画の打ち合わせをしています。

5月の連休が間もなく始まり、その後、事業決算のことや、賞与の査定などがあります。

神戸空港からの帰り道、ポートライナーから、客船「サンプリンセス」が見えました。

サンプリンセスは、南半球を巡るクルーズから神戸へ入港して、この日はターンアラウンド(下船客と乗船客の乗せ換え)を行っていたようです。

沖縄の滞在中、韓国で起きた修学旅行の船の沈没のことが、頭をよぎります。こんな大きな船が座礁して傾いて、そして沈没していく、そんな光景を、テレビで見たニュースの映像と、重ね合わせて見ると、旅の楽しさと、事故の恐ろしさが、同居しているように思いました。

2014年4月21日(月)

コメントを残す