萬龍飯店のコース料理は、内地の1.5倍の量です。

山城興善さんの畑に、松葉博雄のバナナの木が育っています。今年はまだ、バナナの実を付けていません。 第144回沖縄訪問(4)

山城興善さんの病気見舞いを終えて、お昼時間になってきたので、片山正喜さん、冨着勝弘さんを誘って、うるま市宮里にある、萬龍飯店で昼食をとる事にしました。

窓からは、海の見えるよい景色です。萬龍飯店のお店の前を、しょっちゅう通っていましたが、3人とも、このお店に入るのは初めてです。

金武湾の見える、窓際の部屋に案内されました。3人でも円卓テーブルです。何を注文しようか、3人の希望のメニューはばらばらです。

それならコース料理にして、あれこれ品数の多いコースを注文しました。これは少し、あとから考えると失敗でした。

なぜなら、沖縄の食事は、なにしろ量が多いので、コース料理を3人前とれば、食べきれないほどの量でした。これだけの量は、高校生か大学生の育ち盛りの青年を連れて来なければ、なかなか減りません。

旅に出たら、一人で食事をするとなると、野菜不足になりがちなので、野菜の料理は積極的に食べました。

車の運転があるので、誰もビールを飲みたいと口にしません。ビールを飲まない分、お腹に御料理が余分に入っても良さそうなものですが、料理だけ黙々食べても、食べきれるものではありません。

沖縄のお弁当でも、食べきれないほどの量が入っています。料理屋さんの料理も、お皿一杯に料理が盛りつけられています。

内地だと、1人前と言えば、お皿にほんの僅かな量ですが、沖縄に来ると、1人前が内地の1.5倍はあります。

そうすると、3人前は4.5人分です。この風習は多分、台湾か中国の影響だと思います。

中国に行くと、ご馳走に招待して、お腹いっぱいになりました。と言われなければ、呼んだ人のはじになります。その為に、お腹いっぱいで、御料理があまるほど残っているのが、美徳とされています。

お腹いっぱいになった後、片山正喜さんのお家に寄って、今度は冨着勝弘さんと二人で、朝日会に戻りました。朝日会の後は、山城興善さんの畑に、松葉博雄が植えさせてもらっている、バナナの生育状態を見に行きました。

山城興善さんの畑は、山城興善さんが入院中でも、別の人がちゃんと耕していました。

松葉博雄のバナナは、残念ながらバナナの実をつけていません。バナナの特徴は、肥料を沢山あげないと実をつけないということです。

バナナの根っこの周りに、有機肥料をどんどん埋めておけば、バナナの実は付きます。しかし、有機肥料は重いし、穴を掘るのも大変で、肥料をあげていないのが成果に表れています。

山城興善さんが開墾していた一面の畑は、もう草が生い茂っていました。畑の世話は、少し手を抜くだけで、すぐに雑草に追われてしまいます。

2013年10月2日(水)

コメントを残す