恩納村の海岸線には、恩納漁港があります。

恩納漁港には、珊瑚を復活させるため、恩納村美ら海産直協議会のサンゴを海に戻す施設があります。 第143回沖縄訪問(18)

恩納村役場を後にして、次は、恩納漁港です。恩納漁港には、恩納漁業組合が経営する、サンゴを養殖する場所があります。ここでサンゴの枝付をして、そして海に戻す活動をしています。

2009年にパルシステム連合会が沖縄県・恩納村と恩納村漁協、もずく加工メーカーの(株)井ゲタ竹内とともに「恩納村美ら海産直協議会」を設立し、

サンゴの植え付けを始めてから3年。毎年組合員が苗をつくり、恩納村漁協の生産者が植え付けを続けてきたサンゴが5月30日の夜に初めて産卵しました。

漁業組合の水槽には、枝サンゴが沢山、骨接ぎ加工を待っています。

水槽には、シャコ貝の小さな貝が沢山ありました。「これも養殖して、海に戻すのですか?」と尋ねると、これは、私の内職ですと言われました。

テーブルサンゴは、成長が早く、2~3年で20~30センチのテーブルに育つそうです。

こんなサンゴの研究なら、松葉博雄もしてみたいです。この、サンゴの骨接ぎ加工が出来ると、定期的に海に沈めていくそうです。

乗船料を払えば、サンゴを海に戻す船に、便乗させてもらえる、シュノーケルの用意をしていれば、作業にも参加出来るようです。

恩納漁港は晴天で、空は抜けるような青さです。

20年も前のこと、息子を連れて、二人でこの恩納漁港に来て、魚釣りをしたことがあります。この辺りの海には、沢山の岩があって、針が岩にかかり、なかなか魚が釣れませんでした。

次に、元のANAのホテルに向かいます。今は、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートという、外資系のホテルに変わっています。

チャペルがあります。結婚式を挙げるところですが、今日は結婚式がありません。別のところではベルが聞こえます。

松田光正さんは、車の運転の仕事をしているので、どの辺りに行けば、どんな施設があるか、詳しいことを知っています。観光客が通り過ぎるような場所でも、その奥には素晴らしい施設があります。

チャペルがある丘のすぐ離れたところに、浜辺に降りられる、これまで知らなかった階段がありました。

コンクリートの階段を、下に下りて行きます。その先には、ホテル専用の小さな船着き場があり、そこには、ホテル専用のヨットや、クルーザーが、接岸できるようになっています。

水は澄み通って綺麗です。近付いてくるカラフルな魚も、波の波紋を通して見えます。しかし、水を通して見ると、屈折率のせいで、ゆがんで見えるのが残念です。

2013年6月14日(木)

コメントを残す