琉球ダイニング桃香は、国道58号線の恩納小中学校の近くです。

琉球ダイニング桃香は、日本そばが専門です。 第142回沖縄訪問(9)

琉球ダイニング桃香は、定番沖縄料理から、本格和食・純手打ちそばまで、職人による確かな味です。

朝です。よく晴れて、向こうの残波岬のホテルも見えます。沖縄にも、中国から黄砂が飛んできています。黄砂の量は、内地よりはるかに少ないように感じます。

今日は片山正喜さんと、モズク採りに行く予定をしていましたが、お天気の予想が外れて、晴れるところが曇りで、風も強く、海に入るには向いていません。 従って中止です。

前兼久の丘陵地帯は、以前には建物がほとんどありませんでしたが、最近はバイパスの道路や、住宅が建ち始め、この先、小鳥のさえずりが聞こえるかどうか心配になります。

奥さんが作ってくれた朝ご飯です。鮭は、塩気が多い方が美味しいのですが、減塩の為、甘塩の鮭です。昔は塩気を気にしないで、辛いほどご飯が進んでいました。

NHKテレビのためしてガッテンで見た、バナナを美味しく食べる方法を思い出します。青いバナナでも、50度のお湯にしばらくつけておくと、バナナのえぐさが消えて、甘くなります。これを応用して、トマトにも、お湯をつける方法をやってみました。

昨夜、50度のお湯に10分くらいつけて、一晩おいておくと、今朝はかなり赤く熟れてきました。

朝ご飯を食べて、片山正喜さんと連絡をとって、今日のモズク採りは中止になりました。そうなると予定が変わってしまいます。どうしましょう?

朝ご飯を食べた後、金城家に行きます。金城釣り具店に来ました。お昼くらいになって金城正則さんも帰ってきたので、昨夜行って満席だったお店にもう一度行ってみる事にします。

昨日行って入れなかった『桃香』に金城正則さんの運転する車で来ました。

夜はいっぱいでも、お昼は空いていました。昨夜見えなかった周りの景色も、今日の明るいお昼には見えてきました。

桃香は、専門はそば屋さんです。そばといっても、沖縄そばではなく、そば粉を打つ日本そばです。

お蕎麦には10対1の比率で、つなぎ粉を入れているそうです。お昼の定食は、そばを中心にした組み合わせになっています。

日本蕎麦も、金城さんのところはざる蕎麦で、松葉博雄は汁蕎麦です。ミニ天丼も付いています。

安くて美味しいお店なので、これなら予約しないと、なかなか夜は席がなさそうです。

桃香のある場所は恩納村ですが、恩納村は海に向かって細長いひものような地形なので、同じ恩納村の前兼久とはかなり距離があります。

メニューを見ていると、特選黒毛和牛炙り寿司とか、鮮魚三種お造り盛り合わせとか、やはり夜に来て、ビールを飲みながら、食事をしたいお店です。

日本そばは、ざるそば風の食べ方と、暖かいだし汁に浸かったおそばと、二通りありました。

ミニ天丼といっても、大きな海老や、げそが入っている、ミニではない天丼でした。

金城正則さんと松葉博雄は、お酒の量について、最近は自分自身の節制と、肝臓が以前よりも弱くなっているので、昔のようには飲めなくなったという話になりました。松葉博雄が見ていても、金城正則さんは、これで弱くなったというのなら、昔の若い頃は、とても太刀打ちできそうもない強さです。

野球選手がよく来ているようで、色々なサイン色紙が残っています。清原和博選手などのサインがありました。この桃香のすぐ向かいはナップ島です。恩納村が所有しているナップ島です。以前、ここに上陸したことがあります。お昼をいただいて帰ります。

【琉球ダイニング 桃香】
沖縄県国頭群恩納村恩納6375-1
TEL: 098-982-3217

2013年4月16日(火)

コメントを残す