ホテルモントレ沖縄と、ムーンビーチホテルの違いは、近隣の景観に対する配慮です。

ホテルモントレ沖縄は、リゾート法(総合保養地域整備法)によって大きなホテルを建てる事ができました。 第139回沖縄訪問(15)

ムーンビーチホテルは綺麗だなぁ!ホテルモントレ沖縄は、大きな壁のようだなぁ!

銅谷美奈子さん親子に、松葉博雄のホテルにお茶を飲みに来ませんか?とお誘いして、2人を部屋に案内しました。

銅谷美奈子さんは、現在冨着に建設中の、ホテルモントレ株式会社(小村太一社長、親会社はマルイト株式会社)の景観破壊には、強く抗議しています。

冨着の人達は、まさか、あんな大きな物が建つとは予想していなかったようです。実際に壁のような大きな高い建物が建ってみても、気性が柔らかいのか、強い抗議活動をする人はいません。

現実には、景観が破壊されたために、眺望を売り物にしていた土地は、暴落しているそうです。

18時を回った頃、金城本家、金城正浩さんの所に年始にお伺いしています。沖縄のお家には、長男の家に仏壇があります。その仏壇に、弟や妹の家族がお参りにやってきます。

お参りに来る時にはお供えも持ってくるので、金城家の仏壇の前には、沢山のお供えが積まれていました。

門中と言って、一族全体からお参りが来るので、お供えの数も何段にも重なる大変な数です。

松葉博雄は、沖縄流の仏壇に向かってお線香を立て、手を合わせて喋りながら、金城家のご先祖様に話しかけるようにお参りをしました。

年始です。おせち料理の代わりに、沖縄では油を使った揚げ物中心のオードブルをいただきます。

中身汁です。中身汁は、豚の腸をよく洗い、臭みを抜いて小さく切って、コンニャクや椎茸や豚肉と一緒に煮た汁物です。

鏡棚の壺が気になって、「あれはどうしたのですか?」と金城正浩さんに聞くと、あの壺は大変値打ちのある壺だそうです。

金城正浩さんは、すっかり酔っぱらっていて、「松葉さん、いつも親しくして頂いてありがとうございます。」と、手をにぎり、さらに体を抱き寄せ、頭を引き寄せて、可愛がってくれます。

この親しい挨拶には、まいりました。なかなか離してくれません。去年はこの年始の席で、今年こそと、金城正浩さんに禁煙の誓いをしてもらいました。ところが、あの誓いは、笑ってすまされ、すぐに破られたそうです。

子ども達にお年玉です。沖縄のお家では、座敷に座っていると、年始のお客が次から次へとやって来ます。内地のように、玄関に出迎える事もなく、自由に家の中に上がってきます。

子ども達が来れば、顔見知りであれば、お年玉をあげる事になります。この前兼久では、子どものお年玉は、どのお家も千円均一に村で決めているそうです。

2時間ほど金城正浩さんのお家でお話をして、ご馳走になり、十分お酒も飲んだので、ホテルに帰ります。

途中に寄ったムーンビーチホテルは、お客様がちょっと少ないようです。

恩納村がリゾート地区に成長していったのは、このムーンビーチホテルがきっかけになっています。ムーンビーチホテルは、海に向かって、鶴が両翼を広げたように、鶴翼の体型になっています。

高さを抑え、景観に配慮した建て方です。ホテルモントレと違うのは、ホテルモントレの場合はリゾート法の適用を受けられるので、高さ制限が緩くなります。

それに対して、ムーンビーチホテルは前兼久の村の土地なので、リゾート法の適用を受けないため、高さには制限がつきます。

その次に、ペンション ムーンヴィラの玉城常司さんの所に寄ってみます。玉城常司さんは、何処に行ったのか、居ません。仕方が無いのでホテルに帰ります。

いつものニューイヤーコンサートをやっていました。毎年恒例です。

孫のU君は、オーケストラを聴くのが大好きで、3歳の幼児なのに、2時間のオーケストラ音楽を退屈しないでじっと聞いていたそうです。その話を聞くと、お正月にニューイヤーコンサートが開催される意義も分かります。

ニューイヤーコンサートを聴いている内に、今日、1月1日は、穏やかに暮れていきました。

映像も美しく、ヨーロッパには美しい文化を生む、美しい風景があるんだなぁと感心しました。

経営にも、良き企業は、良き社会に生まれるといわれます。荒れた社会や、乱れた文化の中では、良き企業も、良き社会人も育ちません。

美しい映像を見て、美しい音楽を聴いて、美しいなぁと感動出来る、心豊かな社会となるように、年の初めに願いました。

2013年1月1日(火)

コメントを残す