伊平屋島 牧場には和牛が育っています。水田に案山子が沢山立っています。伊平屋島訪問記(12)

伊平屋島(いへやじま)には牧場があります。伊平屋島には水田があり、刈り取った稲を天日干ししています。野鳥から稲を守るのは、案山子の役目です。 第138回沖縄訪問(15)

伊平屋島は小さな島ですが、変化に富んだ島で牧場があります。伊平屋島には水田もあります。

ビロウ樹だけの久葉山もあります。

伊平屋島の浜辺から、少し丘陵地を車で上ると、牧場があります。

個人の所有する牧場なので、私有地の部分に入ると、道路舗装はされていません。凸凹道です。

濁流が道路の土をえぐり、道路の土は濁流に流され、凸凹は、はまると四輪駆動の車でさえ、足を取られて身動きが出来なくなる恐れがあります。

人が来るのが珍しいのか、放牧されてる牛は、一斉に車の進入を見守っています。

広い草原で飼われている牛は艶が良いです。

この放牧された牛は、フェンスを越えて道路にも侵入しているようで、牛にとってみたら狭い牛舎から、例えハ

ブに出会っても、逃げられるほど広い草原です。

阿蘇の草原に放牧された牛のようです。鉄城門には微弱電流が通ってるようで、あまり浜辺の方まで、牛が出歩

かないように防御されています。

どんどん道が険しくなって、これ以上進むと轍にタイヤが取られそうです。引き返します。

もう一度、平野部に出ます。稲作地のある所です。収穫した稲を天日干しをしています。

天日干しをすると、お米の味がよくなります。田名の方に戻って前泊の方に戻りました。

前泊の方が一番中心で、フェリーが着く場所、伊平屋島1500人の村役場がある所です。

フェリーの船着き場でお昼をいただきます。

船着き場の2階に食堂があって、大勢の人が来ています。

先ほど着いた船からも、伊平屋島の訪問客が、とりあえずここでお昼をとっています。

松葉博雄が選んだ昼食は、焼肉定食です。お魚も付いています。

お食事処 みなとで、夜はどこか、地元の魚が食べられる美味しいお店はないですか?と尋ねると、

「うちは夜もやってますから、魚を仕入れておくので、うちに来て下さい」と言われました。

片山正喜さんに、海に入って一泳ぎすると、うんとお腹が空くので、なにか買ってた方が良いよと言われ、食堂

みなとで持ち帰り用の焼きそばを焼いてもらいました。

リーフ沖の深い所に入る予定なので、飲みたいビールは我慢です。

海は怖いところです。嘗めてはいけません。少々泳げても、海の波に逆らうわけにはいきません。

お酒を飲んで、波にのまれて、翌日の新聞に載るような事になったら一大事です。

ここは、お昼のビールは我慢です。

食事をして、もう一度灯台の方向、久葉山の方向に行きます。

地図で見ると、久葉山は先端部分にあり、地図の上の部分(北側)が目指す方向です。

片山正喜さんが、サトウキビの間の道を写真に撮りたいということで、シャッターを押す役をしました。

この辺りも、水田が広がる地域なので、田んぼに集まる野鳥を威嚇するため、あちらこちらに、案山子が沢山立っています。

どうやら、近くの小学校か中学校が、案山子コンテストをしたみたいです。

もう一度、朝来た岬に来ました。車を止めて水着に着替えます。

強い日照りで、少し裸でいるだけで、肌の皮が剥けるほど日焼けしそうです。

リーも海に入れて、暑さを凌がせるそうです。

トゲだった岩場なので、厚い靴底で歩かなければ足の裏が痛くて、まともに歩けません。

シュノーケルの道具を付けて、これから珊瑚礁の切れ目に向かって、水中カメラを持って進みます。

2012年7月14日(土)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください