Monthly Archives: 7月 2012

神戸ベンチャー研究会でお知り合いになった、神戸新聞社記者の足

神戸新聞社記者の足立聡さんが来社されました。足立聡さんとは、神戸ベンチャー研究会でお知り合いになりました。 足立聡さんは(>続きを読む)

伊平屋島の久葉山は、ビロウ樹が山全体を覆う、珍しい景観です。

伊平屋島の久葉山は、ビロウ樹が山全体を覆う、珍しい景観です。 第138回沖縄訪問(14) 伊平屋島の久葉山は、ビロウ樹が(>続きを読む)

鮎の塩焼き 炭火で焼く鮎の塩焼き 鮎を串に刺して塩焼きにしま

鮎の塩焼きは、七輪を使って炭火焼きにしました。鮎は、和歌山産の鮎です。炭火で、遠火で、ゆっくりと鮎の串焼きをしました。 (>続きを読む)

伊平屋島の念頭平松もすごいけど、もっとすごいのは、クマヤ洞窟

念頭平松もすごいけど、もっとすごいのは、クマヤ洞窟です。天照大神が隠れたとされる、伝説の岩です。クマヤ洞窟に入ってみると(>続きを読む)

伊平屋島は、何もない所です。あるのは豊かな自然です。水耕地帯

伊平屋島は、豊かな自然のある島です。水耕地帯があるので、野鳥も沢山飛び交っています。 第138回沖縄訪問(12) 人工物(>続きを読む)

伊平屋島の誇りは、沖縄統一王朝の尚氏の始祖が、伊平屋島から出

伊平屋島の誇りは、沖縄統一王朝の尚氏の始祖が、伊平屋島から出生した事です。 第138回沖縄訪問(11) 伊平屋島の誇りは(>続きを読む)

淡路の北淡地区を廻って、淡路ローカル食材を集めてきました。淡

淡路の北淡地区を廻って、淡路ローカル食材を集めてきました。淡路の食材を使って、晩ご飯です。 丹念に農家をまわると、あれや(>続きを読む)

沖縄で水田耕作が出来るのは、水に恵まれている所だけです。稲作

伊平屋島では、山から水が溢れています。川には水が満ちています。水田には稲穂が波をうっています。 第138回沖縄訪問(10(>続きを読む)

社長メッセージ・言葉(給与袋に添えて):「マネジメント力」(

マネジメント力 集団から組織に移行するには、仕事を管理するマネジメントが必要となります。言われた事だけをする仕事ぶりから(>続きを読む)

ヤシガニは、ハブがいると人が近づかないので、守られています。

ヤシガニは、ハブがいると人が近づかないので、守られています。ヤシガニがいると、自然が守られているかどうかの判断にもなりま(>続きを読む)