沖縄 写真 :みかんの花が咲く頃、小さな庭にもみかんの花が咲いています。みかんの花には、甘い香りがあり、幼い頃の思い出が蘇ってきます

2010年5月のことです。

みかんの花

ミカンの花が咲く頃に、丘に登って、山から海を見て歌う童謡がありました。みかんの花の人工授粉をしながら、つい思い出したのが、「みかんの花咲く頃」の歌です。

みかんの花

「みかんの花が 咲いている 思い出の道 丘の道 はるかに見える 青い海  お船がとおく 霞んでる」

この歌の通りの風景が、松葉博雄の幼い時代がありました。

みかんの花

「黒い煙 を はきながら お船はどこへ 行くのでしょう 波に揺られて 島のかげ  汽笛がぼうと 鳴りました」

みかんの花

平山郁夫画伯が描くような、広島県の瀬戸内海の風景を思い出します。

みかんの花

「何時か来た丘 母さんと 一緒に眺 めた あの島よ 今日もひとりで 見ていると  やさしい母さん 思われる」

みかんの花

しかも、家の裏庭には、丘があり、丘に登ると、家からも海が見えました。

みかんの花

みかんの花

みかんの花は、柑橘類の甘い香りを放っています。

この香りに昔の残像が残っているようで、瀬戸内海の丘から見た「みかんの花の咲く頃」を思い出しています。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です