餅の食べ方:黄な粉餅、砂糖醤油、大根おろし、そのまま食べる。前兼久朝日会初の餅つき大会は、大盛況でした 第93回沖縄訪問(9)

餅の食べ方:黄な粉餅、砂糖醤油、大根おろし、そのまま食べる。前兼久朝日会初の餅つき大会は、大盛況でした。
【沖縄恩納村前兼久集落のお正月の過ごし方 その9】

朝日会では、お餅つきの準備が整いました。

朝日会で餅つき大会

子どもたちは、大喜びです。クレアちゃんも翔瑛くんもきています。山城有銘さんが子どもたちの前でハーモニカを吹いて、子どもたちへサービスをしています。

朝日会で餅つき大会

子どもたちは、好奇心が旺盛で、自分で餅をつきたがります。

自分で持って、ついてみないと、納得できません。

朝日会で餅つき大会

熱々のお米や、大きな杵は、幼い子どもたちには、危険なので、真似だけさせて、後ろに下がってみてもらいました。

朝日会で餅つき大会

第1弾のもち米は、「このぐらいだったら、いいかな」という、判断で、蒸篭からお米を取り出して、臼に移します。

朝日会で餅つき大会

朝日会で餅つき大会

まず、臼で米を叩く前に、米を捻ってつぶして行きますが、どうも炊き上がりが悪いようです。

朝日会で餅つき大会

原さんと仲程學さんがついて、子どもたちもお餅つきに参加します。片山さんも、お餅をつく係りです。

朝日会で餅つき大会

試食してみると、お米がうまく炊き上がっていないようで、米の中に芯が残っています。これではいくらがんばってもうまくいきません。

朝日会で餅つき大会

朝は曇っていましたが、お昼ごろには晴れ間が出て、天気になりました。

朝日会で餅つき大会

第1弾の餅つきは、やや失敗のようです。

朝日会で餅つき大会

皆さん、あまり喜んで美味しいとは言っていません。

朝日会で餅つき大会

つき上がった餅を試食してみましたが、どうも食べれるものではないということで、第2弾目の蒸篭が出来るのを待ちます。

朝日会で餅つき大会

お餅が出来るまで、お酒の肴に、一方では、マグロの目を炊いています。

朝日会で餅つき大会

孫たちが見ていると、朝日会のおじいちゃんたちも、気合が入っています。

朝日会で餅つき大会

孫に美味しいお餅を食べさせてあげたいと思っています。

朝日会で餅つき大会

炊き上がった2つ目の蒸篭のもち米をこれからつきます。男性はお餅をつく係、女性はお餅を丸める係になります。

朝日会で餅つき大会

朝日会で餅つき大会

ぺったん、ぺったんと、餅つきをしているうちに、今度は、うまくいきました。

朝日会で餅つき大会

つきたてのお餅の美味しさが伝わって、皆さん「美味しい、美味しい」と食べています。

朝日会で餅つき大会

つきたての丸餅は、黄な粉をまぶして食べる方法と、摩り下ろし大根と一緒に食べる方法、そのまま餅だけで食べる方法と、砂糖醤油をつけて食べる方法などで、どれが美味しいか、比較してみました。

今回の朝日会初の餅つき大会には、主婦や子どもたちが参加したので、とても賑やかになりました。

これからも、地域の皆さんが参加できる企画が、朝日会でも検討されます。

 

2008年1月1日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です