魔除けの「サン」と家族を大事にする沖縄の伝統 第84回沖縄訪問(13)

人参葉の炒め煮、巻貝(テラジャー)の味噌汁、魔よけの「サン」、家族を大事にする沖縄の伝統に感心しました。
【沖縄の心 こころの行方は自然開発か 自然保護か 創造と破壊に悩む沖縄のこころ その13】

朝日会の後は、金城正則さんのお家に行きました。前兼久漁港から、金城正則さんのお家に行くまでに、国道58号線があります。

金城正則さんのお家に行きます

国道58号線には、絶え間なく、自動車が上りと下りの2車線を走っています。信号がない場所を横断するので、イライラします。思い切って、走り抜けようと思うと、車が近づいてきて危険なので、思い留まります。やっと、58号線を横断して、金城正則さんのお家に着きました。沖縄では、3月なのに、ビワがあります。淡路島のビワを神戸ではよく食べるのですが、淡路島のビワに比べると、沖縄のビワは、1回り小さいサイズでした。

松葉家の家庭料理「人参葉の炒め煮」を伝えます

「どんなのかな」と思って、味を利いてみると、これが予想以上に美味しかったです。さて、これから、金城家の台所で、松葉家の家庭料理を伝えます。子ども達が小さいときから大好きな人参葉をこれから炊きます。

沖縄のビワ

人参葉は、成熟した人参葉ではありません。

「人参葉の炒め煮」を作ります

畑で人参を蒔いて、だんだん大きくなってくると、間引きします。その間引きされた、まだ幼い人参についた人参葉を使います。

「人参葉の炒め煮」を作ります

今夜の金城家のお客様には、松葉博雄夫妻の他に、冨着勝弘さん、絹子さん、孫の翔瑛ちゃん、娘の知美ちゃんの冨着さんご一家が参加です。

たくさんの人が集まると、賑やかになります

冨着絹子さんが、自宅で作って持ってきてくれた料理が加わります。一緒に食事です。たくさんの人が集まると、賑やかになります。

たくさんの人が集まると、賑やかになります

冨着絹子さんが、お料理を運んだお皿の脇に、ススキの葉で結んだ、おまじないを置いていました。「これは何ですか?」と尋ねてみると、「サンです」と、言われました。沖縄地方の独特の文化なので、ちょっと調べてみました。

冨着勝弘さんのお孫さんの翔瑛ちゃんも一緒です

「サン」とは、ススキの葉3枚を結んだものです。使い方は、ご馳走を運ぶ時や、お弁当を持ち運ぶ時に添えます。サンを食べ物の側に入れておくと、腐ったりしないと言われています。どうしてかと言えば、このススキの葉は、両端がまるでノコギリのようになっています。幽霊もまじむんもズタズタに傷つくのが怖いので、サンがあると、近づかないと言われています。ひとつより、3つの方が何倍も威力を発揮します。

冨着勝弘さんのお孫さんの翔瑛ちゃんも一緒です

今日のクレアちゃんは、少しお姉ちゃん振っています。

自分より年下の子がいると、クレアちゃんは、俄然お姉ちゃんになります

自分より年下の子がいると、クレアちゃんは、俄然お姉ちゃんになります。1歳と3歳の違いです。

自分より年下の子がいると、クレアちゃんは、俄然お姉ちゃんになります

金城家の利絵ちゃんと、冨着家の知美ちゃんは、小学校、中学校で一緒に育っていますから、幼馴染です。今日、とても美味しかったのは、冨着絹子さんが作ってくれた、貝の味噌汁です。

冨着絹子さんが作ってくれた、貝(テラジャー)の味噌汁が美味しかったです

貝は、いつも朝日会で頂いている巻貝(テラジャー)を使っています。作業が大変なのは、テラジャーに付いた外側の付着物を洗い取ることです。付着物を取らなければ、味噌汁に異物が入ってしまうのです。

冨着絹子さんが作ってくれた、貝(テラジャー)の味噌汁が美味しかったです

冨着絹子さんは、冨着勝弘さんのお父さん、お母さんをとても大事にしています。

金城正則さん一家、冨着勝弘さん一家、松葉博雄夫妻の3組で賑やかです

「冨着勝弘さんが、大好きで、そのお父さん、お母さんだから、大好きです」とお聞きしました。

金城正則さん一家、冨着勝弘さん一家、松葉博雄夫妻の3組で賑やかです

幼いときから、クレアちゃんと翔瑛ちゃんが親しんでいると、この関係は当然、大きくなっても、仲間ということになります。一緒によく遊んでいます。

クレアちゃんは、滑り台の使い方を翔瑛ちゃんに見せて、滑ってみるように、誘っています。

クレアちゃんが翔瑛ちゃんに滑り台の使い方を見せています

冨着絹子さん

子ども達がはしゃいでいると、家の中が明るくなります。

子ども達がはしゃいでいると、家の中が明るくなります

しかし、子どもたちは、はしゃぎすぎると、後から熱が出ることがあります。

子ども達がはしゃいでいると、家の中が明るくなります

さて、何時になったのでしょうか?

金城正則さんはお疲れのようで、先に寝てしまいました。10時を過ぎた頃、宴会はお開きです。

冨着絹子さんは、金城家のワンちゃんのアレックスに声をかけて、可愛がってくれています。

金城家のアレックスは、人が近づいてくると、嬉しそうです

アレックスは、人が近づいてくると、嬉しそうです。

金城家のアレックスは、人が近づいてくると、嬉しそうです

「また、会いましょうね」ということで、今夜はおしまいです。

今夜も楽しい団欒となりました

3組の家族が、美味しいご馳走をたくさん頂き、ビールや泡盛をしっかり飲んで、足元がフラフラするほど、楽しい宴会となりました。

今夜も楽しい団欒となりました

今夜も思い切り笑いながら、時折、分からない沖縄方言の意味を尋ね、聞き直しながら、楽しい団欒となりました。今夜もすっかりご馳走になって、ありがとうございました。

2007年3月11日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です