米国第31海兵遠征部隊(MEU)の人道的支援訓練を金武町のブルービーチで見ました 第83回沖縄訪問(5)

米国第31海兵遠征部隊(MEU)の人道的支援訓練を金武町のブルービーチで見ました。

【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その5】

琉球新報の2007年2月12日付けの朝刊の1版総合(2)によれば、人道支援訓練を公開しています。

琉球新報の2007年2月12日付けの朝刊の1版総合(2)によれば、人道支援訓練を公開しています。

米軍第31海兵遠征部隊が実施しています。

米国第31海兵遠征部隊(MEU)は、金武町の米軍施設内で、米国外の災害などで、被害を受けた民間人の救助を想定した、人道的支援訓練を報道陣に公開していました。

すぐ目の前で、米軍の公開訓練を見ることができました

ちょうど、その訓練に、松葉博雄一行は遭遇しました。訓練は、年4回実施しているということです。地滑りが発生し、救援要請を受けたと言う想定で、訓練を実施しています。

部隊の米兵約250名が、金武町のブルービーチから、大型ホバークラフトで上陸し、活動展開場所の確保や、医療用テント設営などの訓練を行っています。

偶然にも、公開訓練なので、米軍の行動を、すぐ目の前で見ることができました。普通だと、軍事演習は、非公開です。黙ってみていると、スパイと思われるかもしれません。

すぐ目の前で、米軍の公開訓練を見ることができました

目の前で、展開される訓練は、ものすごい迫力があります。大きな轟音を立てて、ホバークラフトで上陸したり、あるいは陸から海へ、撤退の様子を見ていきます。

ホバークラフトは、大変大きな音と風を出して、海に向かっていきます

キャタピラーを付けた、戦車が並び、迷彩色に塗装したジープやトラックが、何台もホバークラフトの中に入っていき、まるで、フェリーボートがトラックを運ぶような様子です。

ホバークラフトは、大変大きな音と風を出して、方向転換をして、海に向かっていきます。海岸なので、砂が舞い、風に吹かれて、飛んでいきます。

ホバークラフトは、大変大きな音と風を出して、海に向かっていきます

海水に入ると沈みません。

下方部分が浮き輪のように膨らんで、水上の上を走って行きます

浮き上がって、下方部分が浮き輪のように膨らんで、船を浮かせて、水上の上を走って行きます。ものすごいスピードです。

下方部分が浮き輪のように膨らんで、水上の上を走って行きます

大変重いにも関わらず、水上に船体を浮かせて、進んでいきます。

米軍のホバークラフトは、みるみるうちに、遠くに行ってしまいました

みるみるうちに、遠くに行ってしまいました。

米軍のホバークラフトは、みるみるうちに、遠くに行ってしまいました

ホバークラフトが去った後は、風で起こされた砂煙です。

ホバークラフトが去った後は、砂煙が立ちます

沖から帰ってくるホバークラフト

陸から海上へ転回して行った、ホバークラフトの後には、沖の方から、別のホバークラフトが、入れ替わりに、やって来ました。

ホバークラフトが、松葉博雄が岸壁で見ていた、すぐ前を通り過ぎていきます

松葉博雄が、岸壁で見ていた、すぐ前を通り過ぎていきます。しぶきが顔に掛かるほどの勢いです。

ホバークラフトが、松葉博雄が岸壁で見ていた、すぐ前を通り過ぎていきます

ホバークラフトは、海岸の直前になると、少し、速度を落とし、陸に上がる体制になり、そして、上陸です。

ホバークラフトが、陸に上がります

ホバークラフトが、陸に上がります

入れ替わって、難民を救出する想定のホバークラフトが、上陸しました。

上陸したホバークラフトは、所定の場所に移動します

上陸すると、すぐに、所定の場所に移動します。

上陸したホバークラフトは、所定の場所に移動します

そして、方向転換して、船の中にある戦車やジープ、トラックを陸地に出します。

上陸したホバークラフトは、所定の場所に移動します

船に乗っていた、将校と海岸で待っていた将校が握手をし、その後、船の中の兵隊さんが、隊列を組んで、海岸に並びます。

上陸したホバークラフトは、所定の場所に移動します

大変な演習を見ることが出来ました。周りを見ると、民間人が立ち入ることが許されない境界線があり、そこには、一本の標識が建っています。防衛庁(防衛省)のマークです。

防衛庁(防衛省)のマーク

松田光正さんと、感動を共にして、ブルービーチを去っていきます。せっかく、来たので、演習の様子を海岸線の方から見ようと思い、車をキャンプの正面にまわします。

キャンプの正面には、銃器を持った衛兵が立って、手で「ダメだ」と、思えるジェスチャーをして、中に入ることを拒んでいます。

キャンプの正面には、銃器を持った衛兵が立っていました

残念ながら、キャンプの中まで入ることは、出来ませんでした。機関銃を持った、衛兵を、すぐ側で見ると、映画以上に迫力がありました。

 

 

2007年2月12日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です