宍粟市揖保川 鮎茶屋正起でおいしい鮎料理を頂きました。

プロが焼く鮎と、素人が焼く鮎は、出来上がりが全然違います。プロが焼くと、見事な出来上がりです。

揖保川の鮎は、夏の日を浴びて育った苔を食べて、順調に育っているようです。

鮎の生育は、苔次第、苔の生育はお天気次第です。

西日本は、関東に比べるとお天気に恵まれたので、揖保川の鮎釣りは、苔を食べて育った鮎釣りで、今日も賑わっています。

日曜日に、宍粟市の正起に、U君達家族と一緒に鮎料理を食べに来ました。

さんぷら通信2007年6月号で、鮎の特集をしました。

正起のお店の紹介もさんぷら通信でして、正起のお店にも見本を10通ほど贈りました。

その御礼を、正起のオーナーから言われました。

しかも、私の社長研究室の記事と、さんぷら通信の広告効果で、鮎を食べに来るお客様が増えたそうです。

以前にも、U君は正起のお店で鮎を見ていますが、今より幼かったので、はっきりとは覚えていないようです。

今年は、Mちゃんも参加です。

Mちゃんはまだ、鮎が怖くてつかめません。

U君が網ですくった鮎を、怖そうに見ています。

鮎はすぐに弱るので、網からすぐに戻してあげないと、この鮎も売り物なのです。

今年の鮎の値段は、一匹600円です。

鮎釣りを友釣りでするとき、囮の鮎は売る時も、釣った鮎を引き取る時も、600円です。

ちょうど女性の釣り師がやってきて、おとりの鮎を二匹買うことになりました。

正起のオーナーは、生け簀からランダムに鮎を、たもですくって、ポリバケツに移します。

10匹ほどの鮎の中から、オーナーが選んで、二匹を女性の釣り師に渡しました。

揖保川の入漁料は、女性の場合は、半額だそうです。

今日は何匹くらい鮎を釣り上げるつもりですか?と予定を聞くと、10匹も釣れたら嬉しいですという意見でした。

この女性の釣り師の方について行って、鮎の友釣りを側で見たかったのですが、釣り師にとっては側に見物人の素人がいると迷惑な話です。

日曜日の正起では、客席は満席で、しばらく席が空くのを待ちました。

普段は会社の定休日の木曜日に来ていたので、席が空くのを待つ事はありませんでした。

U君のお父さんは自然派なので、揖保川の川の流れの側で、釣り人を見ながら、鮎料理を頂く今日の企画に、大満足の様子です。

U君は小学校2年になったので、もう鮎の骨を自分で取り除いて、食べられるようになりました。

Mちゃんはまだ、お母さんに鮎の骨を取ってもらいながら鮎を食べています。

鮎定食は、年ごとに値上がりしているように思います。

今日の鮎の塩焼きは、とても美味しくて、皆さん大満足でした。

頂いた鮎は、塩焼きで3匹、甘露煮で1匹の合計4匹頂きました。

鮎の焼き方は、素人とプロの差が歴然と出ます。

私が焼けば、こんなにからっと、しかも美しく焼けることはありません。

でも、多分、1ヶ月正起で、オーナーの側で焼き方の修業をすれば、鮎の綺麗な塩焼きが出来る様になると思います。

しかし、気持ちの上では、鮎を焼く係よりは、鮎を釣る係になりたいものです。

鮎の友釣りはなかなか奥が深く、そう簡単には釣れないようです。

亡くなった父の松葉章一は鮎の投網が好きで、川で鮎を獲りに行った事がありますが、なかなか家族全員が食べられるほど沢山の鮎を投網で取ったことは私の記憶にはありません。

沢山獲れた記憶は、網を仕掛けて、上流から船で、鮎を追い込む、追い込み漁の時は、数え切れないほどの鮎が獲れた思い出があります。

U君もMちゃんも、小さい時から何回も正起に来るなどして天然鮎を食べていれば、そのうちこれは天然、これは養殖と、味の区別が出来る様になると思います。