ムーンビーチの静かな浜辺で朝食です。

恩納村が、西海岸でリゾート地区に発展していくきっかけは、ムーンビーチホテルから始まったと言われています。第163回沖縄訪問(6)

8月14日月曜日です。今日も晴れです。

朝食を作る元気が、奧さんにはありません。

喉の具合が悪いようです。

そこで、近くのムーンビーチホテルに行って、朝食を頂く事にします。

ムーンビーチホテルの中は、夏休みの為、子ども達や家族連れの人達で賑わっています。

朝ご飯はまだ準備が出来ていないようで、どこで朝食を頂こうか、ホテルの中を歩いて探してみました。

見つけたのは、海辺に面するビーチハウスです。

朝ご飯は、ムーンビーチホテルに行き、浜辺のお店でカレーを頂きました。

ムーンビーチホテルは、お盆休みの家族連れで大変流行っています。

私はカレーを食べながら、奧さんはたこ焼きを食べながら、ムーンビーチの浜辺を見ています。

この場所は、まるでハワイの景色です。

この後、ムーンビーチホテルのプールを見て回りました。

たくさんのお客様でプールは大盛況です。

恩納村がリゾート地帯になっていったのは、米国軍がこの浜辺にムーンビーチホテルを作ったことから始まっています。

朝日会のメンバーの中には、まだ子どもだった頃、ムーンビーチで米国軍の将校さん達が浜辺でバーベキューをしていて、それを遠目で見ていると、将校さん達が気を利かせて、子ども達にバーベキューの食べ物を勧めてくれたという思い出があるそうです。

ムーンビーチの浜辺は、他の場所からトラックを使って砂をこちらに運んで、ムーンビーチの浜辺の砂を増やしたという伝説もあります。

ホテルが、地域住民の人達が利用していた浜辺を囲って、自由に浜辺に出入りできなくすることは法律でも恩納村の条例でも禁止されている行為です。

しかし、ホテル側からの意見では、浜辺を綺麗にする為には、お金がかかります。

そこで、浜辺に入る為のお金を徴収するのではなくて、宿泊客以外の利用者からは、ビーチを使って泳ぐときは、設備費の名目で料金を頂いているようです。

しかし実際の所、誰がホテルの宿泊客で、誰が宿泊客以外の方か、見分けることはほぼ出来ません。

従って、近隣の民宿の泊まり客の人達も、この浜辺を利用しているようです。

ムーンビーチホテルには、ホテルの浜辺に新しく、屋外プールを作りました。

野外プールの利用料金は、宿泊客以外の方から、1000円いただいています。

朝の内の、まだ比較的静かな浜辺で、ゆっくりと、奧さんと朝食がとれてよかったです。

ただし、カレーでも、浜辺の料金で、500円くらいのカレーが800円でした。

エキストラの300円は、浜辺の使用料と考えれば、理解出来ます。

お昼を過ぎて2時頃、U君達の家族が到着です。

潮を見計らって、潮がひいてきた頃、海に出掛けます。

ムーンビーチの近くのあまり人の来ないビーチです。

 

2016年8月14日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です