山原の花木園に、ヒスイカズラの苗を買いに行きました。途中、玉家Jrで沖縄そばを頂きました。沖縄一美味しいおそばです。

玉家Jrの惜しい市味を教えてくれたのは、メガネ一番の宮里孝社長の奥様でした。 第163回沖縄訪問(2)

沖縄に来ると空気が違います。

どんな空気かと言葉にするのは難しいのですが、形で言えば柔らかい空気です。

朝起きると、ベランダからムーンビーチ沖を見渡します。 今日は山の日で祝日です。

前兼久の海は晴れ渡ってとても綺麗です。

沖縄のイメージは、青い空、青い海ですが、1月から12月まで何度も沖縄に来ていると、沖縄には前線通過の為に雲がかかり、風が吹き、台風もやってきて、晴れた日は意外に少ないのです。

沖縄でこんなに青空を見るのも珍しいくらいです。さすが真夏の沖縄です。

真っ正面にムーンビーチホテルを見て、次は首を左に振って、遙か向こうの残波岬を眺めます。

残波岬の手前には、真榮田岬が見えています。

真榮田岬は、シュノーケリングのお客さんが集まってくるところです。

なんでもない洞窟に、いかにも沖縄らしい「青の洞窟」と名前を付けたため、今ではシュノーケリングの初心者が集まってきています。

青の洞窟は、洞窟に入って、水中で振り返って洞窟の入り口を見ると、青い光が線を引くように見えるからです。

残波岬には、残波岬ロイヤルホテルが見えます。

その先には、残波岬の灯台が、周りが暗くなると、はるか遠くにまで光を放っています。

船にしても、飛行機にしても、遠くから見える残波岬の灯台は、海と空の信号塔になっています。

11時頃、片山正喜さんが迎えに来てくれました。

片山正喜さんにお土産を持って来ています。

まだ袖を通していない、新しい甚平さんです。

これは私が娘から頂いた甚平ですが、着ていないので、片山正喜さんに差し上げる事にしました。

もちろん、くれた娘も了解済みです。

早速着てみます。サイズはピッタリのようです。

これから片山正喜さんと二人でヤンバル方向に向かいます。

奧さんはホテルでする事があるので待機中です。

夏休みなので、高速道路は渋滞しています。

名護に入ると、渋滞はますます酷くなってきています。

名護湾には、かつてはイルカの群れが入り込んでいました。

沖縄そばのお店で見た写真では、名護湾に入り込んでいたイルカの群れを、漁船で取り囲み、イルカを撲殺して、名護湾の海は血に染まっている時代がありました。

今では、イルカは保護されています。

もう、イルカは殺さないので、イルカさんに来て欲しいのですが、今はイルカ達は名護湾に寄ってきてくれなくなりました。

今日のお昼は、玉家Jrで頂く事にします。

いつものミックスそばの中です。玉家Jrのおそばが美味しい事を教えてくれたのは、メガネ一番の社長の奥様でした。

メガネ一番創業者の宮里孝社長が亡くなった後、社長の奥様から玉家Jrのお蕎麦を、神戸に送って頂いたことがきっかけでした。

玉家Jrもお客さんで大賑わいです。

私の感想でも、玉家Jr.(タマヤジュニア)の沖縄そばは、沖縄でもトップクラスの美味しさだと思います。

観光ガイドには美味しい店がいろいろ載っていて、名前が売れたため、観光客でお店は流行っていますが、人気と味の実力が、一致していないお店もいくつかあります。

おそばを食べた後、山原(ヤンバル)に向かいます。

途中、山原そばの前を通りました。

お店の前には大変な行列が出来ています。

救急車が来ています。何があったのでしょうか?

次に訪問したお店は、以前ヒスイカズラを買ったお店です。

店の名前はいずみ花木園です。

花木園には、睡蓮の花が咲いています。今は、睡蓮を販売しているようです。

とても綺麗な睡蓮が沢山並んでいます。

買って帰りたいほど魅力的な花の美しさですが、水物は飛行機では運べません。

花木園の社長さんは、あまり積極的な販売姿勢ではありません。

何か買って帰ろうと思っても、無理して買わなくてもいいような接客です。

ヒスイカズラは今挿し木をしている最中で、まだ販売出来る状態ではなさそ

うです。

ヒスイカズラを初めて見たのは、本部町伊豆味のベゴニア園です。

ヒスイカズラの花の名前は、ヒスイの様な色をした花が咲くからです。

こちらのヒスイカズラは、根がつくまで数週間かかるそうです。

前回購入したヒスイカズラは、温室でどんどん成長し、今年の6月には綺麗な花が咲く期待がありましたが、2月の寒波で枯れてしまいました。

だから、もう一度買って、今度こそ花を咲かせたいと思っていましたが、今回は見送りです。

またの機会にします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です