お父さんが作った親子丼~卵は笠形温泉せせらぎの湯、ワカメは淡路大磯、食材にこだわりました~

さんプラザコンタクトレンズは定休日です。

今日のお休みの日に、奥さんが「晩御飯をどうしようかな」と考えていたので、松葉博雄は今日のドライブで、姫路の笠形温泉せせらぎの湯に行ったときに買った卵を活かして、親子丼を作ることにしました。

卵は笠形温泉せせらぎの湯

まず鶏肉をやや、口に合うように、味に親しむように小さく切って、その鶏肉に醤油、砂糖、みりん、お酒、そして隠し味をつけて、味付けを鉢の中でしばらく漬けておきます。

その後、親子丼を作るにあたって、ベースのだしは市販のそばつゆを使います。

市販のそばつゆ

そして、アルミのゆきひら鍋があればいいのですが、我が家のゆきひらの平鍋は、目下庭の木に枝をくくり付け、平たい鍋は野鳥の餌置き場に使われています。

鶏肉

そういうことなので、ゆきひらの平鍋が無いので、替わりにフライパンを使って、親子丼を作ることにします。

淡路で買った新たまねぎを細く切って、一緒に炒めます。さらに、ネギを長く切って一緒に炒めて、そして、卵でとじます。

鶏肉

最初は調理台の電気コンロ(IH)で、親子丼を作ってみました。電気の調理台の弱みはフライパンを少しでも台から離すと、すぐに電気が止まってしまいます。

電気調理台

フライパンを振って、卵の流れを均一にしようとすると、フライパンを手に持って、少し振らなければならなくなります。それが、少し離しただけで電気が止まるのですから、親子丼の料理には向きませんでした。

簡易ガスコンロ

娘の為に、もう一杯親子丼を作ることになりました。先ほどの失敗に懲りて、教訓を生かして、今度は電気調理台から、簡易ガスコンロを使って、ガスの火で親子丼を作ってみました。

親子丼

ガスコンロだと、火の調節にフライパンをガスから離すこともでき、卵が均等に広がるように、フライパンを振ることもでき、今度はうまく行きました。

親子丼

これに、お汁をつけます。お汁はには、先日の淡路から持ち帰った新ワカメを使いました。

お汁

味付けも、親子丼と違った味付けをしています。

淡路から持ち帰った新ワカメ

できあがった親子丼はとても美味しくて、娘が「こんな美味しい親子丼は初めて」と言ってくれました。「パパ、お料理に向いているみたい」とも言われました。そうなると、松葉博雄はコンタクトレンズを辞めて、のれんを親子丼のお店に書き換えることになります。

傍にいた奥さんは、「やめて!私、洗い物ばかりやらされそうで、親子丼屋さんになるのは結構です。」との反対声明がありました。

 

2006年3月23日(木)