神戸の大震災の時は、『異国の丘』の曲を口ずさみながら、黙々と復興に向かっていました。

大災害が起きたときには、復興のためのリーダーになれるように、普段から心の準備が必要だなと思いました。

阪神淡路大震災の1.17のつどいに行って来ました。場所は、神戸市役所南の、東遊園地です。

三宮からすぐ近くで、歩いて行く途中、市役所のロビーに寄ってみると、ロビーには実現しよう2016神戸サミットと、横断幕が掲げられています。

阪神淡路大震災の直後、罹災した皆さんは、神戸市役所に大勢集まっていました。神戸市役所では、一階のホールに罹災者の止まる場所も自然発生的に出来て、多くの方が、段ボールを敷き、毛布をかぶって寒い一日を過ごしていました。

松葉博雄も、神戸市役所の一階ホールに、しょっちゅう行っていました。一階ホールでは、私はここにいます。という、貼り紙が沢山貼られていました。

携帯電話のない時代で、お互いの安否確認や、消息を求めて、市民の皆さんが集まっていました。

神戸市役所は罹災した多くの皆さんに、お弁当を支給していました。そのお弁当を求めて、多くの方が集まっていました。

今日、2015年1月17日のお天気は晴れです。20年前の1月17日も、今日と同じようなお天気でした。

東遊園地に行ってみると、広いグランド場には、青竹を切って、竹灯籠を作り、竹灯籠で1.17の文字を作っています。これを上空から見ると、1.17に読めるようになっています。

竹灯籠の中には、ロウソクの火が灯っています。そして、一つ一つの竹灯籠には、縁のある方がメッセージを書いて、多分、亡くなった方の名前を書き込んで、追悼の灯りとしていました。

どこのテレビ局なのか、何社もテレビ局の取材が、竹灯籠を背にして続いていました。

今収録している取材は、多分今日のテレビニュースになると思います。アナウンサーが竹灯籠の前に集まっている、市民の皆さんにインタビューをしている局もありました。

東遊園地のグランドの端には、ほとんどのテレビ局の中継車が待機しています。

今日の取材は、一日続くようで、中継車はエンジンを切ることなく、アイドリングを続けて、車の中の暖房や、電気の確保をしています。

空からはヘリコプターの爆音が聞こえてきます。思い出すのは、阪神大震災のあと、取材のヘリコプターの爆音に、精神的な不安を感じたことです。取材している方は、空から撮りたい映像を追い求めていますが、罹災した市民の皆さんは、電気も、テレビも、不通で、ただただヘリコプターの爆音に不安感を感じる毎日でした。

阪神大震災の後、ボランティア活動が活発になりました。全国からボランティアが集まってきて、被災地に寝泊まりして、多くの復興の協力をしてくれていました。

松葉博雄の家にも、会社から派遣された、ボランティアの方が、何かお手伝い出来ることはありませんか?と、親切に声を掛けてくれた思い出があります。

毎年1.17には、東遊園地に、追悼の為に記帳所が出来ています。記帳所に行き、松葉博雄と奥さんの2人の名前を記帳すると、献花のための白い菊の花を、一人一輪配ってくれてました。

この、白い菊の花の部分だけを持って、追悼の場所に移動します。東遊園地には、大きなスピーカーから、低いもの悲しい曲が、スローテンポで流れています。

菊の花の献花は、円形の池のような水の中に投げ込みます。投げ込んだ後は、皆さん両手を合わせて、阪神大震災で亡くなった方の冥福を祈るかのように、黙祷をしています。

後から分かったことは、生と死は隣り合わせにあることでした。普段、なんの疑問も持っていなかった、大きな家具のすぐ側で眠っていることが、大震災の場合には、死に繋がった報道もありました。

三宮駅からフラワーロードをまっすぐ南に下がり、阪神淡路大震災1.17の集いに多くの方が、追悼の気持ちを表しに来られています。

そして、追悼の気持ちを表すと、またゆっくり三宮駅の方向に向かって、行列が続いています。

さんプラザビルが崩壊し、神戸市役所の近くの今西ビルに移転した時、この地下道を通って、帰宅していました。あのとき、なんとなく、口ずさんでいた歌は吉田正先生の作曲した、『異国の丘』です。

今日も暮れゆく 異国の丘に

友よ辛かろう 切なかろう

我慢だ待ってろ 嵐が過ぎりゃ

帰る日も来る 春が来る

この歌詞の中で、「我慢だ待ってろ嵐が過ぎりゃ、帰る日も来る、春が来る」の部分が、阪神淡路大震災に重なって思えて、いつかきっと、復興が出来る日が来ると、自分自身を鼓舞していました。

後から分かったことは、思いも掛けない、予期もしていない大災害があったときは、その後立ち上がって、みんなを引っ張っていく、強いリーダーシップが復興の原動力になるという事です。

大石内蔵助は、平時の時は昼行灯と言われていました。それが、主君の仇討ちの時は、強いリーダーシップを発揮しています。

神戸市役所から三宮駅に繋がる、この地下道を毎日歩きながら、考えていたことを思い出しました。

2015年1月17日(土)