津堅島に渡るのは神谷観光の「フェリーくがに」です。

神谷観光の「フェリーくがに」は、津堅島まで30分です。津堅島のにんじん展望台からは、島中が一望できます。  第146回沖縄訪問(15)

平敷屋港で、しばらく横になって昼寝をしていると、誰かが起こしてくれるかと期待していたら、誰も起こしてくれません。ぐっすり寝ていたら、置いて行かれそうな感じです。

30分ぐらい前に目が覚めて、船に乗ります。行きは車も乗れる「フェリーくがに」です。ここから津堅島まで、およそ30分です。

向こうの方に見える島は、海中道路の手前にあるのが浜比嘉島です。

その又向こうに見える島は、南浮原島です。南浮原島には、片山正喜さんと、浜比嘉島から渡った思い出があります。

乗船時間は30分なので、寝るほどの時間はありません。デッキに座って、移りゆく海の景色を見ていると、早くも津堅島が見えてきました。

津堅島は、子供達がまだ小学生の頃、家族全員で津堅島に海水浴に行った思い出があります。8月の暑い暑い炎天下のもとで、船着き場から海水浴場まで、熱波を浴びながら、歩いた記憶があります。

津堅島には、タクシーもレンタカーもないので、歩くしか仕方がなかったのです。

平敷屋港から、30分位で津堅島に着きました。松葉博雄は、津堅島は2回目の渡航になります。

津堅島の案内図を見てみると、島の内陸部は、区画された農地になっています。この農地では、ほとんどの農地で、人参を栽培しているそうです。

今乗ってきたフェリーボートにも、人参の絵が船体に描かれています。

津堅島港の待合室に入ってみると、ここでも人参が一袋、ぎっしり詰まっていて、わずか500円です。

船着き場の切符売り場の人に聞いて、レンタサイクルのお店を探して、自転車を借ります。自転車屋さんは人がいませんでした。お店に行って、お店でお金を払いました。時間に関係なく、1回500円です。

アイスキャンデーを食べながら、津堅島を自転車で回ります。一番最初は島の名物、キャロットアイランドの展望台です。

自転車で、津堅島を一周するつもりです。以前にも片山正喜さんと、自転車で伊是名島を回ったことが思い出されます。

あの時は、片山正喜さんの愛犬リーも一緒でした。

津堅島は平らな島です。一番標高の高いところににんじん展望台があります。にんじん展望台を目指して、上り坂のゆるやかな坂を、自転車で頑張って登っています。

津堅島は、高い山はありません。ほんのわずか高いところが、展望台になっていました。

にんじん展望台の形は、津堅島の人参をイメージして、人参の形をしています。展望台に上がってみてみると、素晴らしい島の景色です。

平成14年9月吉日の、米寿記念碑がありました。比嘉 繁三郎さん 比嘉マツさんの名前が書いています。

にんじん展望台の最上階を360度ぐるっと回ってみて、景色を写真におさめたら下へ降ります。この後は自転車に乗って、ぐるぐる島を回っていきます。

にんじん展望台の景色は、周りが平地なので、遮る物もなく、遠くまで一望できました。

山がないので、台風が襲ってくると、直撃されそうな島です。山がないので動物も少ないようです。これから平地の畑の方に移動します。もちろん、海岸線を通って、海岸も見て回ります。

2014年4月19日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です