インド巡礼記:カルカッタ編 その3~散歩中に見たこと~ 第6話

インド巡礼記:真理を求めて インドに、インドに真理を求めて、インド巡礼に行きたい、こう思ったのも、家庭を築き、仕事に精を出し、人生も順調に歩んでる時、ふと心の中に、「これで良いのかな?何か大事な事を忘れていないかな?成る程と腑に落ちる様な真理を理解できてるのかな?」このように、ふとした疑問がどんどん膨らんできたからです。インド巡礼は、真理を求める巡礼の旅になるはずです。 【その6】

インド巡礼記

インドを訪れる前に、私なりにこれまでに抱いてきた疑問を明らかにしたいと思ったのです。それは、仏教に関する不思議な問題が身近に感じていました。

同じ仏教でありながら、各宗派でかなりの違いがあります。仏陀が始めた仏教でありながら、各宗派の本尊はそれぞれ違った人を祀っています。つまり、仏教っていったいなんなんだろうといった疑問です。

疑問を解決するには、これから現場検証をおこないます。つまり、約2500年前にこのインドで起きた仏教が現在、どのように変わっているのか、それまでに何があったのか、元はどんなものであったのか、ということを、この短期間の巡礼のなかから見つけていくことになります。

街の中から、日常の生活の中から、その解決のヒントを見つけたいと思いながら、街を歩いています。今のところ、何の発見もありません。街の中には仏陀のかけらもないようです。

インド巡礼記

今カルカッタで起きている人口爆発の問題は、幼い子供までが親の生活の中に組み込まれていることです。

小学校に行くような小さな子供も働いています。インドでは、このように子供が働かないと食べていかれないのでしょうか。

幼い時から貧富の差を目の当たりに見て、子供の目から見ると、大人の世界はどのように映るのでしょうか。

初めのうちは、異文化に対して気持ちはやや引いていて、少し怖かったのですが、街にいる人たちは、私に対して危害を与えるようには見えず、ただ物珍しそうに見るだけで、声もかけてこない、触られもしない、ということがだんだんとわかってきました。

少しずつ慣れて、街の通りの裏通りのほうへも入ってみたいと思いました。帰り道を忘れないように、記憶にとどめながら少しずつ未知の方向へと足が進みました。

インド巡礼記

街の商店を見れば、小さな店がさらに上段部と下段部で仕切られ、上の段ではタバコを売り、下の段では食べ物を売っています。

床屋さんが路上でヒゲを剃っています。店舗がありません。爪まで磨いています。大変なサービスです。

インド巡礼記

しばらくインドにいるとなると、これからインドの通貨も要ることなので、銀行へ行ってルピーに換えてみようと思いましたが、どこもこの朝の時間は開いていなくて、換えてもらえませんでした。

街でカメラを構えてみると、じっと誰かが見ています。

何人かの男たちが並んで座って道行く人を見ています。今日一日何の予定もない人のようです。

都会の喧騒の中で、インド人と違った雰囲気を備えている日本人旅行者は、彼らの周りには少ないので、物珍しいのか、インド人の彼らは私をじっと見ています。

暇な人が多い中で、交差点の歩道に向かって、気ぜわしくクラクションを鳴らしながら急いで渡るように促している人もいます。

路上での仕事をしている彼らを見ていると仕事の分担が実にハッキリしているようです。

ドンゴロスの袋を持って何か道で拾って歩いている人は、ずっと落ちているものばかりを探して歩いています。

そして靴磨き屋さん、食べ物の屋台、紙タバコ、ガラクタを道に並べて売っている人たち。ここはインドと実感します。

インド巡礼記

インドはもっと暑いところかと思っていました。しかし、思っていたより人々は服をよく着ていて、温度はスリランカのキャンディーの街(25℃前後)くらいの感じでした。

マフラーを首に巻いて毛皮のセーターを着ていたりする男がいるかと思えば、パンツだけの裸に近い子供もいました。