これでもか、これでもかと、美味しいお料理が続きます。お宮参り:生田神社の後は、ホテルオークラの「山里」で、お祝いです。

これでもか、これでもかと、美味しいお料理が続きます。ホテルオークラ神戸の「和食堂 山里」でお祝いの会席

これでもか、これでもかと、美味しいお料理が続きます。 リッキー君のお宮参りの後は、ホテルオークラ神戸の「和食堂 山里」で、家族で食事会です。

ホテルオークラ 山里

ゆっくりと楽しむために、離れにある個室で、日本庭園を眺めながら季節の料理を頂きます。

ホテルオークラ 山里

とはいえ、新緑でもなく、紅葉でもなく、雪景色でも、桜でもない冬の日本庭園なので、華やかというよりは、質素を重んじるお茶の世界のような庭園です。

ホテルオークラ 山里

料理が運ばれてくるまでに、記念撮影をします。

ホテルオークラ 山里ホテルオークラ 山里

この写真の中から、来年の年賀状の写真が決まるかもしれないので、こうした機会にマメに写真を撮っておく必要があります。 写真は、これでもか、これでもかというほど撮っています。 でもなかなか、良いのが無いのです。

ホテルオークラ 山里

今日のリッキー君のお祝いに、U君も来てくれています。

ホテルオークラ 山里

U君は、もう箸を持って、はりきって「食べる」姿勢です。

ホテルオークラ 山里

料理が運ばれて来ました。 これでもか、これでもかと、お正月らしい、華やかな料理が運ばれてきます。 先付の子持ち若布と黒豆です。

ホテルオークラ 山里

前菜は、おめでたい席にふさわしい、朱色の食器に乗せられた色とりどりの料理を頂いています。 祝い膳は、これでもか、これでもかというほど、語呂合わせや、祝い言葉にこだわります。

ホテルオークラ 山里

吸い物は、すっぽんの土瓶蒸しです。 U君もすっぽんを食べたので、後から鼻血が出てしまいました。

向付は、中トロです。 ほんのわずかですが、とても美味しくいただきました。 大トロを、これもか、これでもかというほど食べたいです。

ホテルオークラ 山里

料理を食べながら、話題になるのはリッキー君のことや、U君の事です。

ホテルオークラ 山里

U君は、U君のお母さんの、ままごとみたいな小さなお料理では物足りなくて、もっと食べたそうなので、食べやすいうどんを別注文しました。

ホテルオークラ 山里

焚合、焼物へと進み、終わりに近くでるのは、強肴(しいざかな)です。 この強肴という漢字が、難しいのです。 吉川英治は、国語辞典を愛読し、強肴という表記が読めたという話を、本で読んだことがあります。 吉川英治は、これでもか、これでもかというほど、本を読んだそうです。

ホテルオークラ 山里

強肴の意味は、もうお腹はだいたいいっぱいなのですが、まぁそこをもう一皿いかがですか?と、強いて、酒の肴を勧めると言う意味です。 つまり、強肴とは、これでもか、これでもかという料理の勧め方です。

ホテルオークラ 山里

山里で飲むビールは、アサヒスーパードライの小瓶です。

ホテルオークラ 山里

会席料理のビールの小瓶は、小さすぎて物足りません。 グラスに二杯もつげば、もう空になってしまいます。 こんな小さなグラスでは、とてもこれでもか、これでもかとは言えません。

ホテルオークラ 山里

最後はご飯を頂いて、今日の会席料理は終わりです。

ホテルオークラ 山里

リッキー君は、松葉博雄に抱かれ、「ありがとさん」と言う表情をしています。

ホテルオークラ 山里

お腹いっぱいと言いながら、ロビーに出ると、喫茶室があり、そこに展示しているケーキに、皆さんの目が留まり、買って帰ることになりました。

ホテルオークラ 山里

胸焼けをするような、甘ったるいケーキですが、これがまだ、別腹で入るそうです。 あれだけ、これでもか、これでもかというほど食べても、別腹があるとは驚きです。

ホテルオークラ 山里

ロビーから見ると、山里のお座敷から見た日本庭園は、賑やかさも消えた冬の顔をしています。

ホテルオークラ 山里

ロビーでも、今日の記念に、写真を撮りました。

ホテルオークラ 山里

ホテルオークラのお客様の賑わいは、やや、少なめになります。 ホテルに沢山の人が集まって、賑わいを出すには、まだまだ、景気回復は遠いようです。

ホテルオークラ 山里

シンピジュームの花盛りは、これでもか、これでもかというほどの美しいランの蕾が揃ってます。

2011年1月16日(日)