沖縄へ二度が三度に:沖縄観光にとりつかれたのは、沖縄の海、沖縄の空、沖縄の人情、沖縄の歌、これらの沖縄観光が、醸し出す沖縄の文化です。

沖縄へ二度が三度に:沖縄観光にとりつかれたのは、沖縄の海、沖縄の空、沖縄の人情、沖縄の歌、これらの沖縄観光が、醸し出す沖縄の文化です。

沖縄へ二度が三度に:沖縄観光にとりつかれたのは、沖縄の海、沖縄の空、沖縄の人情、沖縄の歌、これらの沖縄観光が、醸し出す沖縄の文化です。

沖縄に来るのは、二度が三度に、度重なってきた沖縄観光の始まりは、松葉博雄にとっての沖縄観光の始まりは1967年でした。

沖縄観光は、観光というには広すぎる領域でした。英語で観光といえば、sightseeingで、その日本語の意味は見物、観光,、遊覧を意味します

。しかし、沖縄観光を、観光という概念で説明し得るものではありません。沖縄観光には、目には見えないものまで含まれます。

それは、沖縄観光の中に、重要な部分を占める、沖縄の文化です。沖縄の文化を創ったのは、沖縄の地政学的位置にもあります。沖縄は、中国大陸に接し、隣接する台湾、日本列島の九州、奄美諸島との交流があります。

沖縄へ二度が三度に、沖縄観光をすれば、中国的な要素が随所に表れてきます。沖縄観光をすれば、鹿児島の薩摩藩の支配下にあった頃の、文化的な影響を感じます。

沖縄へ二度が三度に、沖縄観光をすれば、歌の中にも、南国の光り輝く明るさや、支配されていた苦しさ、そしてどこにでもある、男女の恋の歌、などが沖縄観光の時に感じます。

沖縄観光に感じる、目に見えない部分の観光は、その後、沖縄へ二度が三度に、繰り返し、繰り返し、沖縄観光を続けると、少しずつ、沖縄観光の中に、本来の沖縄の持つ、癖としての、沖縄の文化が、沖縄観光の中から、見えてくるようになります。

なぜ、沖縄へ二度が三度になるのか、沖縄観光を追求していくうちに、沖縄観光に起きたことを、沖縄観光ブログとして、書き記そうとしています。

第一回目の沖縄観光は、第二回沖縄観光、第三回沖縄観光と、石灰石をくぐる石灰水の水が、鍾乳洞を造るように、沖縄へ二度が三度に、沖縄観光が、少しずつ、読んでる人にも伝わるように、沖縄へ二度が三度に度重なっていく、沖縄観光記を、書き続けています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です