目的がないと、行き先の目的がないと・・・

目的がないと、行き当たりばったりになります。第133回沖縄訪問(5)

目的がないと、目的地がないと、たどり着いたところが目的地になります。

風の庭を出て、ヤンバルをドライブします。風の庭から丘の方へ行くと、以前にも来た事がある沖縄平和記念墓地公園があります。

**

今日は何もないようで、駐車場にも車は一台も停まっていません。

**

沖縄の伝統的なお墓は亀甲墓です。読谷ビーチでは、平地が少ないため、洞窟にお墓が作られていました。平和記念墓地公園の墓園は芝生墓所です。

**

ずっと向こうの方までお墓が続いています。何か戦没者の墓地のように感じます。でも、戦没者ではありません。

**

高台の方に、テラスのような、カフェのようなきれいな建物があるので、ひょっとしたらお茶でも飲めるかな?と思い、展望台のような造りの建物に行ってみました。

**

ここでも人気が全くありませんでした。これでは、お茶も食事もできません。でも、静かで静寂を感じます。

**

なんだか、音のない喧噪から逃れた不思議な世界です。

**

ヤンバルの山間の中にあって、市街地よりも少し温度の低さを感じました。夏なら涼しいと思います。秋なので寒い感じです。

**

向こうの方には水平線が見えて、海が近いことを感じさせます。

**

偶然通りかかった平和記念墓地公園なのですが、沖縄にも色々な施設があることを勉強しました。

**

何しろ目的がない暇な二人連れで、この後予定もないし、気の向くまま片山正喜さんのハンドルに任せて、次の目的地を探します。

**

目的がないのに目的地を探すのですから、途中に何かを見つけられれば、あ!あれは何だろう?と、気がついたら、それが目的地になります。

**

見つけたのは、天文台のようなドーム形の建物です。あそこに行ってみようと、目的地になりました。

**

かなり山の頂です。お天気が悪く、雲が低く垂れ込めて、視界も一部悪くなって、なんだか北海道のロシアとの境界線に来たような、勝手な雰囲気を感じています。

**

あれはロシアの国境を警備する国境守備隊の司令部かと、まがうような建物は、実は近づいて見ると、アメリカ軍のレーダー基地でした。立ち入り禁止です。

**

冷たい雨と風に、外に出る気にもならず、車の中から頂上部分から周りの景色を見て、写真に納めて目的地の視察は終わります。

**

再び平地に降りて、これから向かうのは買い物です。今朝、松葉博雄の息子から電話があり、年末年始の沖縄での越年に、布団とか足温器とかを用意して欲しいと依頼があったので、片山正喜さんに付き合ってもらって、ニトリに向かいます。

2011年12月9日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください