沖縄ヤンバルツアーその1 第73回沖縄訪問(6)

沖縄ヤンバルツアー その1~沖縄宇宙通信所、恩納岳からの眺望、屋良朝春さんの画廊喫茶「風の庭」~
【第73回沖縄訪問:神戸空港から沖縄へ 神戸から沖縄が近くなりました その6】

上間さんのお家の庭には、沖縄の緋寒(ひがん)桜が咲いています。今年の沖縄の桜の美しさは、25年ぶりの美しさです。

上間さんのお家の庭の桜

上間さんのお話では、沖縄の桜の花は下に向いて咲いています。

沖縄ヤンバルツアーの最初は、恩納村字安富祖にある沖縄宇宙通信所です。種子島から打ち上げられたロケットは、まず沖縄宇宙通信所がその後追跡をしています。

沖縄宇宙通信所

南恩納村のヤンバルの森の中に建っているパラボラアンテナは直径が30Mあります。大空に向けて通信の仕事をしています。

沖縄宇宙通信所

ちょうど今日、2006年2月18日15時27分に種子島からH-IIAロケット9号機を、種子島宇宙センターから発射する予定日です。

ブーゲンビリア

ロケット発射の予定は今日の後、更に22日にもロケット発射の予定が続けてあります。

沖縄の花

沖縄宇宙通信所の敷地に咲く花も大変きれいな花があります。

ハイビスカス

沖縄ヤンバルの森を一巡して58号線を通って本部町伊豆味の方面へ行きます。

沖縄の花

途中、名護市のロータリーの所に、コスモスが咲いていて、車を停めてコスモスの花を見ます。

コスモスの花

沖縄では桜の花が咲く頃とコスモスの咲く頃は、同じ時期です。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

ヤンバルの森に入っていくと、野いちごの花が咲いていました。朝顔も咲いてました。途中見つけたカズラの花がとてもきれいだったので、思わず写真を撮りました。

カズラの花

今日の沖縄ヤンバルツアーは、いつもの海岸部から、山岳部へとコースを変えて車を走らせています。沖縄ヤンバルツアーのガイド役をしていただき、運転をしてくださっている松田光正さんは、上間光元さんの奥様とはご兄弟です。

カズラの花

松田さんと上間さんの奥様は、自然の野花がお好きです。遠い先の綺麗な花やめずらしい樹木を見つけ、車をそばに寄せて、松葉博雄に写真を撮りやすいように案内してくれています。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

沖縄の本部町、今帰仁村のあたりで、高い岳をいくつか周っています。沖縄のヤンバルの森は、今新緑のシーズンで、桜は散り、新緑が目に映えています。

恩納岳の山頂部分は自衛隊が管理しています。レーダー基地のようなものがあります。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

ここから眺める景色は、遠く、島が軍艦の様に見える伊江島でしょうか。珊瑚礁のリーフが島の周囲に見えます。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

松田光正さんが言われるには、自分はいつも人の行かないところに行って、一緒に行った人に驚きと感動を演出することが好きだと言われました。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

このような人をもてなす気持ちのことを経営学では「ホスピタリティー」と言って、人的サービスではとても大切にしています。

沖縄の恩納村は、今新緑のシーズン

確かに、松田さんがいなければ、行けないような林道や山道を走っています。

ヤンバルの森の中にある喫茶店

途中、沖縄ヤンバルの森の中にある喫茶店に寄りました。画廊喫茶「風の庭」のオーナーは屋良朝春さんで、「風の庭」には、沖縄の各地を写生した作品を展示しています。

ヤンバルの森の中にある喫茶店

松葉博雄は素朴な絵に感動し、カレンダーを一冊2000円で買って、記念に持って帰りました。

ヤンバルの森の中にある喫茶店

今日の沖縄ヤンバルツアーで休憩した、画廊喫茶「風の庭」のオーナーである屋良朝春さんにお願いして、記念の写真を「風の庭」の前で写しました。

ヤンバルの森の中にある喫茶店

このヤンバルの雰囲気が届きましたでしょうか?

神戸より2,3ヶ月も早い新緑のヤンバルの大自然を周り、美しい花、緑、山岳からの景色、新緑の森など、松葉博雄だけでは叶わないツアーができて、大満足の一日でした。松田さん、上間さん、ありがとうございました。

2006年2月18日(土)

 

 

2006年2月18日

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください