沖縄市に 沖縄プラザハウスショッピングセンターがあります。 蜂蜜本舗の親子丼ぶりはおいしい

沖縄市に沖縄プラザハウスショッピングセンターがあります。蜂蜜本舗の親子丼ぶりはおいしい 第142回沖縄訪問(4)

沖縄プラザハウスショッピングセンター

沖縄市の沖縄プラザハウスの2階に、美味しい蜂蜜本舗のお店があります。

宇堅の片山正喜さんの家から、沖縄市に向かいます。

途中でauに寄って、奥さんのスマートフォンの調子が悪いので見てもらいます。

通信機器はどんどん進化し、操作は一層複雑になってきています。

若い人は、すぐに新しい機種に慣れて使いこなしていますが、

年をとると、機器の進化についていけません。

簡単な事でスマートフォンはなおりました。

スマートフォンの修理の後は、

片山正喜さんが野菜を買いたいとのことなので、

ちゃんぷる~市場に行きます。

ちゃんぷる~市場は今日も大賑わいです。

アメリカ軍基地が近くにあるので、基地の中の主婦が子供連れで、

ちゃんぷる~市場に買い物に来ています。

沖縄でのもやしの販売方法は、内地とは違います。

袋に入れて値段を表示しているのではなく、

少しゲーム性がある販売方法です。

備え付けのビニール袋に、もやしを詰められるだけ詰めて、

それで納得すれば、一袋何円と値段が決まっています。

つまり、袋に詰め放題の売り方です。

温度が上がってきたので、トマトが少し安くなって300円です。

津堅人参は1袋100円です。これは安いです。

バナナも買いたかったのですが、ありませんでした。

ずっと沖縄にいるのであれば、

今から夏野菜の苗を買って植えたいところですが、

すぐに帰るので残念です。見るだけです。

ちゃんぷる~市場をあとにして、

今日の昼食をとる場所に向かいます。

この辺りは沖縄市です。公共の郵便ポストに、

こんなにいたずら書きをして、なんということでしょう。

よく来る沖縄プラザハウスに着きました。

いつも車がいっぱいで、駐車場確保に苦労します。

日が照ると、沖縄の気温は一気に上昇します。

直射日光に当たると、車の中は熱くなり、クーラーが必要です。

陰に駐車しておかないと、車の中は相当気温が上昇します。

プラザハウスには、蜂蜜本舗の中華麺を食べに来ました。

親子どんぶりも美味しいのです。

親子どんぶりと中華麺を注文して、奥さんと分け合うことにします。

蜂蜜本舗の蜂蜜の使い方は、この料理に蜂蜜が入っていると、

すぐにわかるような甘ったらしい使い方ではありません。

なんとなく、そういえば言われてみると少し甘いなぁと、

感じるくらいの蜂蜜の量です。

蜂蜜本舗は、とても美味しいお店ですが、どういうわけか、お店を縮小するそうです。

那覇の店を閉鎖して、こちらの店と統合するそうです。

餃子も注文しました。餃子のタレにも、こだわりのある蜂蜜を使っています。

神戸にもこんな蜂蜜本舗の店があったらいいなぁと思います。

むしろ、神戸こそ、蜂蜜本舗が似合いそうな街です。

奥さんから分けてもらった中華麺は、丸いお椀に入っています。

ここで工夫して、親子どんぶりのご飯をこちらに少し移して、

中華麺の中に入れると、あらま不思議なことに、

中華どんぶりが出来ました。

この工夫して作った中華どんぶりは、

蜂蜜本舗の正式メニューにはありませんが、

おすすめのメニューになりそうです。

2013年4月15日(月)


←前へ:第142回沖縄(3)

→次へ:第142回沖縄(5)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください