第178回沖縄訪問(5)沖縄うるま市具志川店_風風ラーメン はリズム食品の経営 コスモスグループメンバー 

投稿No:9609

沖縄うるま市具志川店_風風ラーメン はリズム食品の経営です 経営理念は参考になります 第178回沖縄訪問(5) 

沖縄では、そばと言えば、沖縄そばが主流です。

ラーメン、日本そばは、非主流派になります。

沖縄でラーメンのおいし店は、わずかです。

その中で、リズム食品グループの風風ラーメンは

小倉生まれの玄海育ち、

無法松のような名前です。

小倉の豚骨ラーメンが食べたくて、

風風ラーメンに3年ぶりに行ってみました。

リズム食品株式会社

風風ラーメンは、

リズム食品が経営しています。

福岡県北九州市小倉北区紺屋町13-1 毎日西部会館7F

設立 平成7年6月26日  取締役社長 岡本 慶大

資本金 2千万円です。

事業内容は、 風風ラーメン ・桜吹雪が風に舞う  一麺亭のFC本部直営店経営
       教育事業(ニコニコ、ハキハキ、キビキビ、気配り NHKK研修

経営理念について

リズム食品が所属する

コスモスグループには様々な業種業態の会社があります。

過去には4千人収容の大型キャバレーや、

400席ある居酒屋などもありました。

そこへマネジャーが金曜日の夜に巡店し、

お店の真ん中から店内をざーっと見回して、

「おお!今日もよう入っとる!(よく入っている)」

と言って満足して出て行くというような仕事振りがあったそうです。

でも、その中で放置されてイライラしているお客様や、

頼んだものが一向に出てこないことに

業を煮やしているお客様も必ずいるはずなのです。

そこに気付かず、お店が繁盛している状況だけを見

満足しているようでは、

そのお店なり会社なりは必ず下降線をたどっていくのです。

当社はフランチャイズによる

チェーン展開をしていますが、

チェーン全体に来られるお客様を

マスで捉えるのではなく、

一人ひとりのお客様に

喜んでもらいたいというのがポイントです。

従業員も数百名いますが、

一人ひとり別の人格ですし、

その一人ひとりが幸せであって欲しいと願っています。

その一人ひとりの従業員が、

一人ひとりのお客様に対して、

どれだけの仕事ができるのか、

それを考えていけるような会社でありたいのです。

「社員全員」とか、「顧客」という

一括りのマスで捉えることを戒めているのです。

同時に、

「こんな会社に入れば、自分も幸せにしてもらえる」

という認識では困ります。

「自分の力で、まわりの人たちを幸せにしたい」

と思える人たちの集団でありたいと思っています。

それは、どんなにお腹が空いていても、

また、どんなにステーキが好きでも、

一人で牛一頭は食べられません。

たとえ一切れのステーキでも、

志を同じくする仲間と分け合って食べる一口ほど

おいしいものはないと考えているからです。

次に、「お客様」の定義ですが、

お店に食事をしに来られるお客様や、

フランチャイズの加盟店の皆様だけでなく、

「自分のまわりにいる自分以外のすべての方々」です。

当然、前出の方々もお客様ですが、

一緒に働く仲間も、家族も、食材業者さんも、

食材を運んでくださるドライバーさんも、

すべてを含みます。

そんな人たちに自分が何をできるのかを考え、

そしてやるとなったら

トコトンやり通すということが大切なのです。

それが「いのちをつくす」ということです。

本当の強さは優しさがベースになければ、

本物ではありません。

それは、

会社(お店)はそもそも何のためにあるのか

ということに関係しています。

会社は、そこに携わる人たちが幸せになるために

存在するのであって、経済学で言われてきた、

利益の追求のためではありません。

会社は成長し続けなければなりませんし、

利益も充分に出ていなければなりません。

それは一番の命題である、

社員が幸せになるためなのです。

強く明るく前向きな

人材集団であることが優しい人づくり、

そしてそういった人たちが

やるべきことをしっかりやり遂げることで、

利益面でも、精神面でも、

豊かな企業となりえるのです。

これがコスモスグループ共通の経営理念です。

DATA
名 称 コスモスグループ
代 表 グループオーナー 岡本堅吾さん
本 社 北九州市小倉北区鍛冶屋町2-1-20
創 業 1952年
売上高 130億円(平成13年度)
従業員数 700名(パート、アルバイト含む)
関連企業 リズム食品ほか飲食サービス業13社

四つの約束について

四つの約束に関しては、

飲食店にとっての基本と言われる、

Q(クオリティ;品質・安全性)・

S(サービス;接客・おもてなし)・

C(クレンリネス;清掃・清潔)に加え、

楽しい雰囲気づくりが

何はさておき大切であるということです。

本来、飲食店にとっては、

さらに、リズム食品としては、

「いつも明るく人のため」という合言葉であったり、

全店に掲示されている「今日の仕事は」

であったりということも理念として

捉えてもらえればと思います。

おいしい豚骨ラーメン

店長の呉屋一樹と、久しぶりの対面です。

まだ、辞めずに頑張っていて、安心しました。

子供は、もう5歳になったそうです。

まだ、お店を増やすことはできていないそうです。

私は、ここの豚骨スープが好きなので

恩納村にもお店があったら、、と思います。

出典 リズム食品株式会社HP

沖縄 ラーメン 関連記事 アーカイブ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください