父の日の由来、起源、意味を噛みしめて、感謝の気持ちに感謝です

投稿No:8667

父の日の由来、起源、意味 感謝の気持ちに感謝

父の日 

今年も、父の日に子供たちとその家族から、

お祝いの花とメッセージカードをいただきました。

とても嬉しく、かつありがたく思います。

父の日に、父の日の由来、起源、意味を調べてみました。

父の日の由来・起源 父の日はどうして始まったのか

毎年6月の第3日曜日は父の日です。

母の日に比べて何となく影が薄い父の日にも、しっかりとした由来があります。

1909年、ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora SmartDodd)が、

男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝

をしてもらったことがきっかけと言われています。

彼女が幼い頃、南北戦争が勃発しました。

父のウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになりましたが、

母親は過労が原因でウィリアムの復員後まもなく亡くなりました。

以来、男手1つで育てられたが、父のウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなりました。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月、第3日曜日の6月19日にに行われました。

当時、すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、

「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったのです。

父の日は、母の日と同じくアメリカ発祥の祝日です。

父の日は、母の日と同じくアメリカ発祥の祝日です。

一般に浸透するまでには1910年6月から、6年もの年月が経過していました。

浸透するきっかけは、第29代アメリカ大統領ウッドロー・ウィルソンの演説でした。

父の日の由来、第29代アメリカ大統領 ウッドロー・ウィルソンが提唱

1916年の式典で、第29代アメリカ大統領であるウッドロー・ウィルソンが

演説を行ったことをきっかけにして浸透していったといわれています。

1916年、ウッドロー・ウィルソン大統領は、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、

これにより父の日が認知されるようになったのです。

1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、

父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めました。

1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[に制定されました。

父の日が正式にアメリカの祝日として認定されたのは、1916年から60年後の1972年でした。

父の日のシンボルカラーは黄色

最近では父の日に黄色いバラを贈るという習慣が浸透しています。

これは、日本ファーザーズ・デイ委員会が開催する“父の日黄色いリボンキャンペーン”が影響しています。

このイベントでは、幸福や喜びの象徴である黄色を父の日のイメージカラーとしています。

このことから、父の日には黄色いバラをギフトとして贈ることが定着しました。

黄色いバラには「献身」「さわやか」といった花言葉があり、

お父さんへ感謝の気持ちを伝えるのにぴったり。

ただし、一方で黄色いバラには「嫉妬」などネガティブな花言葉もあるので、

黄色いバラを贈る際は他のお花と組み合わせるようにするとよいと言われています。

黄色いバラのギフトと並んで人気なのが、ヒマワリです。

ヒマワリといえば、夏を象徴するお花のひとつ。

ちょうど父の日のイメージカラーとも一致し、ヒマワリに込められた花言葉もすてきです。

「憧れ」や「輝き」、「敬慕」といった花言葉を持つヒマワリのギフトを贈って、

お父さんに感謝の気持ちを伝えることが定着しつつあります。

父の日が日本で広まったのはいつ?

日本に父の日が入ってきたのは1950年頃ですが、人々の間に広く知られ、

実際にお祝いされるようになったのは1980年代です。

デパートなどの商業施設が販売戦略の一環として父の日を取り上げ、

そこから一般に広く浸透していきました。

父の日に花を贈る習慣はいつから?

日本では、父の日にお父さんに贈る花としては黄色いバラが一般的です。

しかし、父の日発祥のアメリカでは、必ずしも黄色のバラが定番ではないそうです。

アメリカで1910年に初めて行われた父の日の祝典の時、YMCA(Young Men’s Christian

Association、キリスト青年教会)の青年たちは、

健在の父に感謝を贈る者は赤いバラの花、

亡くなった父に想いを馳せる者は白いバラの花を身につけて父をたたえたそうです。

また、ソノラが父の日に父親の墓前に白いバラを供えたという説もあります。

父の日のギフトに人気の花は?

父の日に贈りたい黄色の花としては、華やかなバラはもちろん、

一足早く夏をお届けできる旬のヒマワリも人気です。

太陽に向かって力強く伸びるヒマワリの立ち姿は、どこかお父さんに似ているようです。

ヒマワリは「あこがれ」「敬慕」「愛慕」などの花言葉を持ちます。

資料出典 1. ウィキペディア(Wikipedia)

     2.イーフローラ

     3.インターネット花キューピット

父の日 関連記事 アーカイブ

2020年6月22日(月)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください