セミの抜け殻: 人の抜け殻:恋にとりつかれると、心は、どこかに行ってしまい、身体は、魂の抜け殻になってしまいます。

家の壁に、セミの抜け殻を見つけました。恋にとりつかれると、心は、どこかに行ってしまい、身体は、魂の抜け殻になってしまいます。

抜け殻・脱け殻(読み)ぬけがら

①ヘビ・セミなどの、脱皮したあとの殻。

②中身のなくなったあとのもの。
 
③魂が抜けたように、うつろな状態になることのたとえ。 
 
「重なる不幸に打ちのめされて-同然になる」

 

セミの抜け殻

松尾芭蕉の句に、「静かさや岩に染み入るせみの声」があります。

真夏の、盛りに、頭に響き渡るほど、セミの大合唱があり、

 

**

なのに、松尾芭蕉は、静かさやと、詠っています。

しかし、セミの抜け殻は決して、静かな問題ではないのです。

  **

 

2家を出ようとすると、家の塀に、セミの抜け殻が、塀にしがみついています。

どうやら、セミの抜け殻です。

ここまで登ってきて、その後セミは、脱皮して、どこかへ飛んでいったようです。

**

 

  **

 

セミの抜け殻はセミではない

このセミの抜け殻は、セミであって、セミではありません。

人の場合も、恋にとりつかれると、心は、どこかに行ってしまい、

身体は、抜け殻になってし まいます。

こうなってしまうと、声をかけても生返事、おいしそうなものを見ても、

食欲がなく、お金が落ちていても拾う気力も無く、目もうつろになってしま います。

**

 

 

  **

 

人の抜け殻 魂が抜けたうつろな状態からの立ち直り

さて、セミの抜け殻のように、人の身体が、抜け殻になったら、

どうしたらいいのでしょうか?

それは、恨みは、恨みを晴らすことで、恨みを忘れられないように、

恋は、恋を追いかけて、抜け殻から、立ち直ることは難しいことです。

新しい恋で立ち直る

新しい恋をして、抜け殻から、立ち直ることです。

新しい恋をするだけの、気持ちの転換が出来るかどうか

抜け殻のままでは、新しい恋もできません。

一歩離れて、自分自身の抜け殻を見ることです。

セミの抜け殻で、一瞬、なるほどなぁと思いました。