100年 老舗:100年続く老舗企業のお話です。百年を超える企業は、経営理念がしっかりした企業です

100年 老舗:「たねや」は100年続く老舗企業です。百年を超える企業は、経営理念がしっかりした企業です。

100年続く老舗企業のお話です。

朝日新聞の「働く・トレンド」に、「百年企業@近畿 たねや(滋賀) 近江商人魂脈々と」という記事が掲載されていました。

たねや

「たねや」は、資本金9000万円、グループ全体の売上は176億円、従業員数965名(2009年4月期)です。和菓子店「たねや」やバームクーヘンが人気の洋菓子店「クラブハリエ」など、全国の百貨店などの31店舗を展開しています。

たねや

地元の日牟禮八幡宮にある中核店「日牟禮ヴィレッジ」では、参道を挟み、たねやとクラブハリエが向き合っています。「たねや」さんの屋号の由来は、種苗業から来ています。創業1872年(明治5年)です。138年の老舗の成長の歴史は、近江商人の商売の理念が支えていました。「たねや」の商いの心得を、記した「末廣正統苑」を従業員は徹底して読み込み、理念を伝えています。

朝日新聞の記事
画像をクリックすると別ウインドウで 記事を読むことができます

現在、グループ全体の和菓子と洋菓子の売上げは、ほぼ半々で、近く洋菓子の新店がオープンし、売上は今年度は初めて和菓子を超えるようです。

近江商人発症の大企業はあまたありますが、大半は県外に出て行っています。しかし、山本社長は、「京都が奥座敷なら、滋賀は台所。田も畑もある農産物が豊かなこの地から、東京や関西に売りに行けばいい」と言い、ネット販売も手段のひとつとしています。

たねや

社用の近江へのこだわりは直、「たねや農場」の無農薬のよもぎや黒豆の生産は、地元のお年寄りに委ね、地域雇用に一役買っています。

たねや

一昨年には、旧厚生年金施設(近江八幡市)の土地・建物を落札し、水郷地帯に接した自然を生かし、店舗の他、見学できる菓子工場、菓子職人の学校などを設ける計画です。

「虫捕りができるような里山を守り、観光の拠点に育てたい。発祥の地、近江への恩返しでもある」と、山本社長は語っています。

 

2010年5月29日(土)