ドラッカーのマネジメント:ドラッカーのマネジメントの特徴は、目標(ビジョン)を立て、自己管理で目標達成を評価していくことです

ドラッカーのマネジメント:ドラッカーのマネジメントの特徴は、目標(ビジョン)を立て、自己管理で目標達成を評価していくことです。週刊ポストにドラッカー大研究の記事が掲載

ドラッカーのマネジメントについての記事がのっていました。

ドラッカー氏は、戦後の日本経済の発展を推進した民間企業の経営幹部の人々の大きな思想的な背景となった「経営学の父」と言われています。

ドラッカーのマネジメントの特徴は、目標(ビジョン)を立て、自己管理で目標達成を評価していくことです。

以前、ドラッカー先生の追悼でも、ドラッカーのマネジメントの記事を書きました。

週刊ポスト ドラッカー大研究

先日、「週刊ポスト」で「ドラッカー大研究」の記事が掲載されていましたが、「週刊SPA!」6月1日号にも、ドラッカーのマネジメントに関する記事が掲載されていました。

「萌えるドラッカー入門」というタイトルで、あるOLが会社の危機を立て直していくというストーリーです。

その中で、ドラッカーのマネジメントの7つが紹介されていました。「週刊SPA!」の記事を読みながら、これまで読んできたドラッカーの著作を復習してみます。

ドラッカー氏は、偉大な社会学者であり、ドラッカーと呼び捨て出来るような方ではないのですが、一般的な表現では「ドラッカー」が通称なので、この記事も、ドラッカー先生を「ドラッカー」と呼ばせて頂きます。

「ビジョン(目標)を持て」

ドラッカーのマネジメントには、目標を立て、目標に向かって努力することになります。ドラッカーのマネジメントは、目標をどのように立てるかが、ビジョンにつながって行きます。

例えば、野球部なら、「甲子園に行く」これが目標です。

「常に仕事に誇りを持て」

豊臣秀吉は、その昔、「猿」と呼び捨てられていた時、織田信長の草履取りの仕事を与えられました。

このとき、秀吉は、日本一の草履取りになることを目標にし、織田信長のいかなる時にも、すぐに、草履を揃えて出すように、心掛け、寒い時には、懐で織田信長の草履を温め、信長に認められました。

「最大の顧客は上司である」

ドラッカーのマネジメントでは、仕事の依頼人を顧客と捉えています。

例え、現金授受のない、企業組織の中であっても、上司は自分に仕事の依頼人になります。仕事を依頼されるから、自分があるのです。そうなると、上司は顧客になり、上司から仕事の注文が来なくなれば、顧客がなくなることになります。

週刊ポスト ドラッカー大研究 週刊ポスト ドラッカー大研究

「自分の強みを知る」

ドラッカーのマネジメントでは、企業の存続を目的とし、そのためには、顧客を創造することを企業の目的としています。

この顧客を創造するために、マーケティングとイノベーションの2つで顧客創造を進めていきます。自分の強みを知ることで、強みを発揮し、顧客獲得の競争に繋がるマーケティングとなります。

「古い考えを捨て去る」

組織も人も、新しいことも、いつか古いものに変わってきます。人も組織も健康を維持するためには、古いものを老廃物として排泄しなければ、中毒症になることを指摘しています。

古いものを新しいものに変えるのが、イノベーションの役割となります。

週刊ポスト ドラッカー大研究 週刊ポスト ドラッカー大研究

「客観的な視点を持て」ドラッカーのマネジメントでは、仕事を生産的にするためには、客観的な視点を持つことだとしています。

「自分の仕事ぶりを評価する」ドラッカーのマネジメントでは、目標を立てます。そして、目標に対して、どのように努力したのか、最善を尽くしたのか、自らの仕事ぶりを、自らが管理することを、ドラッカーは勧めています。

仕事の成果をノルマと見るのではなく、自らの目標とし、目標に対して、自らが管理することがドラッカーのマネジメントの特徴です。

ドラッカーについては他にも、NHKの情報番組で特集されていたものを記事にしています。

ドラッカー選書についての記事も書いています。こちらをご覧下さい。