5月5日の子どもの日のお祝いです。端午の節句、菖蒲の節句は初孫の節句です。

5月5日の子どもの日のお祝いです。 初孫の端午の節句、菖蒲の節句、初節句(25)

Uくん

5月5日の子どもの日のお祝いです。毎年、端午の節句、菖蒲の節句は、5月5日の子どもの日のお祝いをしています。初節句、2010年5月5日は、子どもの日です。Uくんにとっては、初めての端午の節句です。

Uくんのお父さんの実家では、Uくんのために、端午の節句を祝う、五月人形を飾り、Uくんは、武者のように強く、人形のようにかわいく育つように、季節のお祝いをしています。

雛祭りの場合は、女の子はお友達の男の子を招待して、ひなあられや、あまざけを振る舞います。

そうすると、男の子の端午の節句の場合は、女の子を呼ぶのでしょうか?

それが、周りの女性に尋ねてみても、端午の節句に、男の子のお友達の家に呼ばれた記憶がないと言っています。

男の子が生まれると、「うちには男の子が生まれましたよ」と、その合図に竹を切り、竹竿を立てて、鯉のぼりを泳がせます。

Uくん Uくん
2010年5月5日は、子どもの日です。Uくんにとっては、初めての端午の節句です

 

鯉のぼりを見ると、「ここのお家では、男の子が生まれたのだなぁ」と、暗黙の了解が得られ、お家安泰に繋がります。

これも昔の話で、今では、お部屋の中で、天井に届かない、かわいらしい鯉のぼりが飾られています。

Uくんは、お尻で座り、手をついて、頭を起こすことが出来るようになりました。まだ、柏餅は食べられません。