梅といえば播州綾部山梅林です。梅の花が咲き乱れています。小径の端に、菜の花の束を両手に持っているかわいいお地蔵様を見つけました。

梅と言えば、綾部山梅林には、梅の花と、菜の花が咲いていました。近隣ツアー(3)

梅と言えば、綾部山の梅林には、2万本の梅の木が、春の訪れを花の美しさと、香りの甘さ、そして全体が一つの春霞となって、播州から春の訪れを伝えています。

綾部山梅林

梅と言えば、松葉博雄の奥さんは、青竹を杖代わりに、急な坂道を登っています。神戸六甲の自宅では、梅が咲いていたので、綾部山もきっと見頃だろうと思っていました。

綾部山梅林

梅と言えば、絶景地を探していく途中、曲がり角の隅に、かわいいお地蔵様が菜の花を束にしています。どこか見たような顔つきで、そうだ、そうだ、これはUくんにそっくりだと、ある人は、Uくんを見て、両手を合わせたくなるとも言っていました。

綾部山梅林

ところが、綾部山は六甲よりも寒いのか、まだ一分咲きが二分咲き程度で、まだ蕾堅しの梅の木も見受けられます。これなら、500円は高いなぁと思います。

綾部山梅林

でも、500円券には、甘酒のサービスが付いています。丘を登ると、休憩所があり、甘酒の接待所が見つかりました。

綾部山梅林

梅見といえば、接待所には、鍋一杯の甘酒が火に掛けられていて、入園券を渡すと、すでに甘酒2杯を頂きました。

綾部山梅林

ここからが、サービスの分かれ道です。松葉博雄は、梅を見るのが早すぎたと思っていたところ、接待所のおばちゃんは、「まだ早くても、また来たらいいんですよ。また来て下さいね。

綾部山梅林

来る度に花の見頃が違いますからね。一番見頃も頃のポスターを見て下さい。あんな具合に咲きますよ」と、期待を先延しに持って行きます。

綾部山梅林

なるほど、何度来てもいいのだ、今は花も恥じらう乙女の頃の梅で、そのうち、年で言えば20歳の頃や、花盛りの頃、そして、風に花びらが舞う時期と、梅林は見方がいろいろ楽しめるのだと教えてもらいました。これで、納得です。

綾部山梅林

こんなに上手に言えるおばちゃんが、接待所には必要なのです。

綾部山梅林

一般的には、梅が未だ咲いていない、早すぎたと入園者の愚痴には、「私のせいではありません。あなたが今日を選んだのです」と言うのが一般的です。

綾部山梅林

梅と言えば、綾部山梅林を1周していると、中には、今が見頃の梅の木も見つかりました。これを背景に、写真を奥さんに撮ってもらいました。

綾部山梅林

梅というだけでなく、この辺りは、古墳が多くあるようです。

綾部山梅林

古い時代にも、豪族は埋葬してもらうなら、海の見える小高い丘で、日が当たり、梅や水仙が近くに咲くようなところが、豪族の選ぶ埋葬地なのかなと納得しました。

綾部山梅林

梅というだけでなく、花より団子で、松葉博雄の奥さんは、絶景地で柏餅を食べ、付近を一望しています。なかなかの絶景です。

綾部山梅林

梅と言えば、夜に、電線を引いて提灯の灯りを付け、宴会をするような設備はありませんでした。

綾部山梅林

梅だけでなく、桜は、温かい頃に咲くので、桜の下でちょいと一杯となりますが、梅の時期にはまだ寒く、梅の花の下で、夜にちょいと一杯には、いかないようです。

綾部山梅林へ近隣ツアー(4)

2010年2月18日(木) 綾部山を一巡して、奥さんが絶景地で柏餅を食べた後は、ゆっくりと、坂を下り、綾部山梅林の出口に向います。

綾部山梅林の帰り道

気になっていたことがあります。綾部山梅林の入り口では、近郊農家から集まった新鮮な野菜が売られていました。

綾部山梅林の帰り道

買い置きして、帰る時に受け取るという、便利なサービスがやっていませんと言われていたので、帰るまでに欲しい野菜が売れてしまって、売れ残りばかりだったらどうしようかと思っていました。

綾部山梅林の帰り道

大根、葱、ゴボウ、ニンジンなどは、100円です。

綾部山梅林の帰り道

白菜がやはり売れ残りで、買う気もしません。

綾部山梅林の帰り道

野菜の向こう側にもお店があり、ちょっと寄ってみると、美味しそうな揚げかまぼこがあります。

綾部山梅林の帰り道

店主のおじさんに話しかけると、「もう売れ残りだから、店を終う前だから、150円の揚げ物は、100円でええよ」と言われました。

綾部山梅林の帰り道

この店主の人がとても良い人に思えてきました。非常に愚直です。

綾部山梅林の帰り道

黙っていれば、150円で売れるところを、100円で売り切ろうという気持ちは、次に、何か他のものも買ってあげようという気を誘ってきました。

綾部山梅林の帰り道

ちょっと目を横に振ると、昔懐かしい、「鰹の華」がありました。小学校、中学校の頃、お弁当に入っていた、懐かしい「鰹の華」です。

綾部山梅林の帰り道

原産地は、鰹が水揚げされる、静岡県の焼津港のようです。兵庫県では、「うちとこだけです」と言われました。1パック500円です。懐かしいので、2パック買いました。

綾部山梅林の帰り道

今日、訪れている綾部山は、たつの市です。たつの市と言えば、全国でトップシェアを取っているのが、小学生が使うランドセルです。綾部山の近くに「セイバン」の工場を見つけました。

綾部山梅林の帰り道

帰りに、今晩の夕食の材料を買うために、マックスバリューに寄って、綾部山で考えた通り、播磨灘の春を告げる魚、ふるせを買いました。

綾部山梅林の帰り道

綾部山梅林の帰り道

綾部山梅林

2010年2月18日(木)

 

大きな地図で見る