丹波市の「道の駅丹波・おばあちゃんの里」では、焼き栗、ちらし寿司のお弁当、地元産野菜などを買いました。

丹波市の「道の駅丹波・おばあちゃんの里」では、焼き栗、ちらし寿司のお弁当、地元産野菜などを買いました。丹波への近隣ツアー(1)

丹波に近隣ドライブです。有馬を抜けて、中国道に入ります。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

中国道に入って、しばらくして、赤松サービスエリアで朝ご飯にしました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

「ラーメンぐらいが朝にいいなぁ」ということで、ラーメンをお願いしました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

今日はとても素晴らしいお天気です。

ガラス張りの部屋の中には、まだ熱い日差しが飛び込んできます。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

赤松サービスエリアを出て、中国道から舞鶴道の丹波の方に行く道に移ります。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

高速道路を降りたところは、丹波市です。ここに道の駅がありました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

「道の駅 丹波おばあちゃんの里」ということで、ちょっと寄ってみます。

道の駅丹波・おばあちゃんの里
「道の駅」といえば、だいたい、

その地区の特産品を売っています。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

「道の駅丹波・おばあちゃんの里」では、

早生の丹波産黒大豆枝豆が1束400円です。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

広場の真ん中で、ぽんぽん菓子機 (穀類膨張機)で採れたばかりの栗を焼いていました。

奥さんの提案で、1袋買ってみましょう。500円です。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

焼き栗を買って、食べてみると、甘栗のように甘くは味付けしていません。

自然の栗を焼いただけですが、甘味はありました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

日に当たりながら座って、焼き栗を食べて、その後、お店に入ります。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

お店では、お弁当を買いました。黒豆ちらし弁当です。

お米も丹波おばあちゃんの駅のブランドで売られています。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

豊水梨が2つ入って、1パック360円でした。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

栗が1袋600円、無花果が1パック500円です。

無花果は、買おうかどうか迷います。

答えは、買わなくて良かったのです。

もっと熟れていて安いお店がありました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

これもあとからの結果論です。

買い物をするときのルールは、1ヶ所であれもこれも買わない方が良いのです。

後から、同じ物が、安くて美味しいことがあります。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

焼きたてパン「古子路(こころ)」の名前が、よくまぁこんなに、

漢字を上手い具合に当てたものだと、その発想に感心しました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

この道の駅は、国土交通省の管理だということが分かります。

国土交通省が発行した許可証がお店に貼ってありました。

この店の人気商品は、丹波の栗や豆を使った甘いもの系が多く置いています。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

おはぎなども人気がありそうです。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

パンもありました。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

酪農品もあります。もちろん、お米はこの辺りでは特産品です。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

丹波産の新米が5キロで2500円でした。

1キロ500円ですから、ちょっとブランド価格です。

道の駅丹波・おばあちゃんの里

次は、車で丹波の田園を一周し、その後、次の買い物にスーパーへ行ってみます。

2009年9月24日(木)

 


大きな地図で見る