博士になるには大変なんです。文系博士は大変なんです。大阪市立大学大学院の博士課程1年は、今日で終了です。

博士になるには大変なんです。文系博士は大変なんです。大阪市立大学大学院の博士課程1年は、今日で終了です。大阪市立大学学位規定

課程博士と論文博士

博士号の授与には、課程博士と論文博士があります。

私の場合は、課程博士の話です。

大阪市立大学の博士号の大まかな授与基準は、

1.外部評価として、一定の水準と認められる学会で、

2本以上の査読論文を受理されること。

2.内部評価として、学内の数回の予備審査、公聴会の審査に合格すること。

厳しいのは、外部評価の査読付き投稿論文のアクセプトです。

大変なんです。文系博士になるには大変なんです。査読には時間がかかります

一つの学会に受理されるまでには、

象の妊娠起案のような、長い期間がかかります。

同じ論文を、保険の積りで他の学会に投稿擦れる,二重投稿になり、禁止事項です。

査読の採択率は40%から50%ほどです。

それぞれの学会には、査読論文のルールがあります。

そのルールを守って、投稿しないと受理されません。

一般的には、新規性、独自性、新らしい知見、優れた先行研究への貢献、

外国文献からの引用、明らかにしたいこと、論理展開などが求められます。

大変なんです。博士になるには大変なんです。早くも1年経過です

大阪市立大学大学院の博士課程1年は、今日で終了です。

ゼミが終わった後は、居酒屋起世で飲み会になりました。

大阪市立大学

大阪市立大学大学院では、今日も、

博士学位論文の公聴会が開催されていました。

大阪市立大学

学校へ来た時に、「必ず見て下さい」と言われているのが、掲示板です。

掲示板には、時々、呼び出しが張り出されていることがあります。

大阪市立大学

松葉博雄も、呼び出しが掛かったことがあります。

事務局から呼び出しとなると、大変なんです。

ひょっとすると何か重大な忘れていることかな?と心配してしまいます。

大阪市立大学

そのときの呼び出しは、松葉博雄の発表した論文に対して、出版社から「こ

んな参考文献がありますよ」という、営業でした。

大阪市立大学

それが、松葉博雄の自宅住所が分からないので、大学宛に来ていたのです。

大変じゃなくてよかったです。

大阪市立大学

今日の明石ゼミは、この1学年の最後のゼミになりました。

つまり、これから4月まで、しばらく春休みになります。

入学してから、もう1年が経過したことになります。

この1年間お世話になった明石芳彦先生に、

博士課程の3人が打ち上げの飲み会の提案をしました。

明石芳彦先生も快く応諾して頂いて、この後、飲み会になりました。

大阪市立大学大学院 博士課程 関連記事 アーカイブ

2008年2月18日(月)