北居明先生を囲んで懇親会の始まりです

立教大学での経営行動科学学会が終わった後は、北居明先生を中心に懇親会をする予定になっています。

東京台東区浅草の「駒形どぜう』に集合です。

浅草の「駒形どぜう」という老舗のドジョウ家さんで、懇親会の準備をしているので、そちらに向かいます。

「駒形どぜう」の隣は、バンダイの本社ビルでした。

近隣にもバンダイのビルがあり、バンダイは、浅草で生まれ育ったようです。

ドジョウ屋さんのお店の前には、稲穂の天日干しのように掛けられていて、お店で新米を使っているという案内がありました。

ドジョウ屋さんには、予約をしていたので、2階の個室に案内されました。

お部屋は、古い木造で、歴史が感じられます。

今回の出席者は、北居明先生、古田克利さん、大谷忠久さん、松葉博雄、池邊美佳さん、上羅和博さん、荒木泰次さん、安田康一さん、生駒好明さん、福田隆吉さんの10名です。

細い板張りの廊下を歩いて、部屋に入ります。

松葉博雄の子どもの時には、教室の床板の拭き掃除で、雑巾掛けしていたことを話しました。

一直線に雑巾掛けをするより、横一文字を繰り返す拭き方の方が、先生に褒められました。

どうして一直線に雑巾掛けをするのがよくないのか、今も分かりません。

北居明先生からは、今日の発表の労いがあり、乾杯の音頭となりました。

松葉博雄

ドジョウ屋さんで、ドジョウを注文するには、2通りの注文方法があります。

ドジョウの姿をした丸いままのドジョウと、ドジョウを切り開いた平たいドジョウの2種類があります。

親子丼を作るような、平たい鉄鍋を炭火の上に置き、ドジョウの一人前の量を、1皿毎焼き、1皿分が食べ終わると、また、次の1皿が鉄鍋に追加されるという形式になっています。

10人いるので、10皿分を注文し、鍋は、3つテーブルの上に並びました。

炭火で、出汁に馴染ませて、煮て食べます。鯨の肉もメニューにありました。

明るい雰囲気で、どんどんビールが空いて行きます。

そして、皆さん、和やかになっていきます。

北居明先生は、東京の浅草で、大阪府立大学大学院のOBと現役生の皆さんが集まってくれたので、大変嬉しそうです。

飲むほどに、酔うほどに、面白い話が飛び出してきて、北居明ゼミの温かさを感じます。

今日の経営行動科学学会では、大阪府立大学大学院のOBの大谷忠久さんと、松葉博雄が発表しました。

福田隆吉さんは、今も大阪府立大学の大学院博士課程に在籍しています。

松葉博雄

長いテーブルで、10人が座って広がると、話のグループが分かれてきて、ワイワイガヤガヤとなるので、話題を集中するように、考えてみます。

松葉博雄が考えた話題の集中方法は、クイズです。クイズは、北居明先生を中心にして、「北居明先生の現在の体重は何キロか?」が第一番目のクイズです。

最近、民主党の小沢一郎党首と福田康夫首相のトップ会談がニュースでよく取り上げられ、「これはどちらが話を持ちかけたのか?」ということが話題になっています。

「北居明先生の好きな食べ物は何か?」というクイズもしました。

そこで、この話題を応用して、「北居明先生と奥様との会談は、どちらから持ちかけたのか?」というクイズもありました。

もちろん、北居明先生が、奥様を誘ったのは明らかなのですが、意外にもクイズの回答が割れました。

クイズのお陰で、北居明先生を中心とした話題で、話が盛り上がり、皆さんのお酒も進み、このままでは、終わりたくないと言う雰囲気になり、これから2次会に行くことになりました。

2次会に行く前に、ドジョウ屋さんの入り口で記念の集合写真を撮りました。

2007年11月10日(土)