兵庫県立大学水泳部の夜間練習に参加して、ダッシュで力いっぱい泳ぎました

2007年4月3日(火)兵庫県立大学水泳部の練習に参加してきました。

兵庫県立大学水泳部

長らく、大阪府立大学社会人大学院の修士論文と、この春から勉強する博士課程の準備、ビジネスなどで、とても忙しかったので、久しぶりの練習です。

兵庫県立大学水泳部

冬の水泳部の練習は、大学構内のプールではなく、一般のプールのコースを借りて練習します。

兵庫県立大学水泳部

限られた時間内での練習なので、時間を有効に使って、練習をします。

しばらくぶりに、練習に参加してみると、現役の水泳部の人は、とても力が付いていました。

横浜市立大学水泳部との合宿練習をこなしていたそうです。随分と力の差を感じました。

合宿での練習は、1日8000メートルにも及ぶハードなものだったようです。

兵庫県立大学水泳部

これからのシーズン前に、筋肉をスイマーとして慣らしていました。

兵庫県立大学水泳部

松葉博雄は、合宿練習に参加していないので、皆さんに追いつくのが大変です。

兵庫県立大学水泳部

これから大変であることが思いやられます。

兵庫県立大学水泳部

練習メニューに沿って、緩やかなメニューと、ダッシュと言われる激しい練習とが、交互に続きます。

兵庫県立大学水泳部

その間に、1,2分の休憩があります。

兵庫県立大学水泳部

水泳をしていると、水の中にいるのですが、プールの水を飲み干すわけにもいかず、喉が渇いて、水分の補給は皆さん、ペットボトルを持参しています。

兵庫県立大学水泳部

今日は、練習をサボっていたお詫びに、差し入れとして美味しい食料品を差し入れしたら、皆さんから大変喜ばれました。
だいたい2000メートルぐらいの緩やかなメニューで、夜の練習は終りました。

兵庫県立大学水泳部
これから、少し練習に参加して、筋肉を鍛えたいものです。