丹波篠山青山藩の、御殿医が住んでいたお屋敷です。

丹波篠山の江戸時代の屋敷は、雪岡市郎兵衛茶屋、古美術茶屋元禄になっています。 丹波篠山(3) 社長ブログ神戸/丹波篠山

丹波市のお屋敷カフェ 雪岡市郎兵衛茶屋 古美術茶屋元禄 に入ってみます。

入場料は無料です。このお屋敷は、江戸時代の建物だそうです。

中に骨董品がありそうなので、お皿を探しに入ってみます。

一般に、城下町には骨董屋さんがあり、骨董屋さんには、城下町の家から出た日用品の食器として、お皿やお茶碗、塗り物が売られています。

木曜日の平日は観光客もいなく、お店の人も姿が見えず、これで大丈夫かなぁ?と思うほど、開放的です。

やはり、塗り物や時代物の小皿大皿が販売されていました。

躙戸(にじりど)の中には、雪岡市郎兵衛茶屋があります。

この中に、入ってみます。

外の展示場で適当な小皿を五枚見つけたので、この小皿のお支払いをする為に中に入ると、お店を守っている方がいました。

江戸時代の建物が今も残っているのは、戦災がなかった事、火災がなかったこと、震災がなかった事なのです。

お話を聞くと、この屋敷は、元丹波篠山藩の御殿医のお屋敷だったそうです。

普通、煮炊きする竈は、二つが一般的ですが、御殿医のお屋敷では、竈は4つ並んでいます。

今は使わなくなってので煙突を取り外していますが、煙突をつければ、今でも薪を使ってご飯炊きや、煮物を作れるそうです。

2016年1月