加山雄三のトーク&ライブ

加山雄三のトーク&ライブのストーリーは、全てBGMで演出されています。社長ブログ/社長の生活/ 岡山_加山雄三ライブ

加山雄三のトーク&ライブに行きました。

帰ってきた若大将!

加山雄三さんも御年78歳で、今のうちにステージを見ておかないと、だんだん公演活動が少なくなるそうです。

そういうわけで、義妹が奥さんと松葉博雄を加山雄三トーク&ライブに招待してくれました。

チケットを見ると、一人2万8千円です。もちろん食事込みです。

これが、12月の松田聖子のトーク&ライブだと4万9千円です。

ホテルグランヴィア4Fの宴会場で行われます。

座席は指定されていて、テーブルは25番の、ほぼ真ん中あたりに位置していました。

全てで43テーブルあります。

指定のテーブルにつくと、一つのテーブルに定員は12名でした。

そうすると、500人ほどの方が今日のトーク&ライブに来られていることになります。

たちまち気になるのは、本日の総売り上げです。

1400万円の売り上げですが、これが、ホテル側と、加山雄三事務所に配分されることになります。

グランヴィアホテルにはたくさんの泊まり客もいるので、総収入はもっと多くなりそうです。

周りを見渡すと、まるで結婚式の披露宴のようで、思い出すのは沖縄の結婚式です。

神戸ではめったにない大人数のホテルでの結婚式も、沖縄ではよくあることです。

周りのファンの方は、ほとんどが青春時代を加山雄三のヒット曲で過ごした世代の方です。

飲み物は、フリードリンクです。

食事は、

コンソメを纏ったトマトのムース 才巻海老(車海老)のマリネとトラウトサーモンのオレンジ風味 ソースヴェール

ジャガイモの冷製スープにジュレを浮かべて

牛フィレ肉の網焼き マデラワインのソース 温野菜添え

クレームダンジュとトロピカルフルーツ

コーヒー、パンとバター

でした。

左隣の方に声をかけました。ご夫婦で来られています。

「どこから来られましたか?」とお訊ねすると、「兵庫県です。」

「兵庫県のどちらですか?」と尋ねると、「赤穂です。」

「赤穂なら、坂越に牡蠣を求めて、よくドライブに行きます。」

「そうです。坂越から来ました。」と、話がとんとんと進んで、打ち解けてきました。

田原さんご夫妻です。ご主人は、少林寺拳法の先生で、奥様は、幼稚園の園長先生です。

トーク&ライブが始まると、撮影禁止、録画禁止、録音禁止です。

加山雄三さんの話は、

音楽を好きになった最初の出会いがエルヴィス・プレスリーで、

そこからプレスリーと会って2時間話をしたことや、

ビートルズが日本に来たとき、一人だけ日本人として会って、すき焼きを味付けして食べてもらったことや、

その後のポール・マッカトーニーとのお付き合い、

フランク・シナトラとの合成録音による、マイウェイの共演話、

フランクシナトラと並ぶ、アメリカの有名歌手、ペリー・コモとのお付き合いなど、

お付き合いのあった方の代表曲を、ステージで歌いました。

予めBGMが制作されていて、共演者がいなくても、伴奏は用意されています。

舞台に上がったのは、加山雄三さん一人だけで、共演者、伴奏、楽団、司会などの人手は借りていません。

これなら、共演者の謝礼もいらず、ストーリーも決まっていて、何度でも、どの会場でも、繰り返し使えるように思えます。

最後の最後に、アンコールに応えて歌った曲が、『君といつまでも』です。

絶対にあると思った曲なのでいつ歌うのか気にしていましたが、一番最後でした。

皆さん大喜びで、右隣の方は90歳の女性でしたが、両手を挙げて左右に振りながらリズムに乗っていました。

2015年8月27日(木)