岩木山の麓の、柳田とうもろこし店で、甘い「岳きみ」を食べました。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

岩木山の麓には、とっても美味しい、とっても甘い、トウモロコシ「岳きみ」があります。 青森・盛岡(6)社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

岩木山の麓の、柳田とうもろこし店で、甘い「岳きみ」

岩木山の麓に向かいます。弘前城の後、青森市に向かう予定です。

片山正喜さんは、青森市にいく前に、ぜひ、岩木山に行こうと、強く岩木山を勧めてくれました。

岩木山が見えます。頂上の方は、少し雲がかかっています。

片山正喜さんが勧める場所は、岩木山の中腹にある、トウモロコシを売っている店です。

柳田とうもろこし店です。

岩木山の中腹にあるお店で、トウモロコシを買います。

この辺のトウモロコシは、通称「岳きみ」と言われている、

とても糖度の高い、美味しいトウモロコシです。

行列の出来るお店です。トウモロコシを食べる前は、何でこんなに、

こんなところに、行列が出来るのか、不思議でしたが、食べてみたら理由が分かりました。

とても美味しいトウモロコシです。

しかし値段は安いのです。関西はもちろん、弘前のスーパーなどで買うよりも、安くなっています。

店の裏側には、トウモロコシ畑がありました。

希望的な食べ方は、炭火でトウモロコシを焼いて、焼きながら、砂糖醤油を刷毛で、

塗りながら、また焼いて、香ばしく仕上げていく、トウモロコシの食べ方です。

片山正喜さんは、さらにこれより山頂に近い方向に、宿泊基地を作っているそうです。

温泉付きです。

トウモロコシは鮮度が命です。そのため、トウモロコシを神戸に持って帰るためには、

クール宅急便で送ることにしました。

片山正喜さんとは、ここでお別れです。

片山正喜さんと、青森に一緒に行きたかったのですが、

距離があるため、ここでお別れです。

岩木山から、青森に向かう途中に、一級河川 岩木川がありました。

岩木山同様、地元の人達によく親しまれている河川です。

上流を辿ると岩木山の清流にたどり着き、また、ここから下流へ向かうにつれ、

複数の河川に分かれていくそうです。

途中、道の駅を見つけました。寄ってみます。

道の駅には、ご当地の新鮮野菜が沢山並んでいました。

道の駅に、「アップルヒル」がありました。アップルヒルは、18周年祭だそうです。

出店が沢山あって、それぞれのお店が、口上を述べながら、お客さんを呼び込んでいます。

道の駅の印象は、皆さん親切で、のんびりとした対応でした。慌ただしい神戸から、弘前に来ると、こんなに生活のペースがゆっくりしているのか、改めて、スピードの違いに驚きました。

道の駅を出て、浪岡インターから、高速道路に乗って、青森市へ向かいます。

青森 関連記事 アーカイブ

2014年8月4日(月)