ペナンの昼食は、マーシャントホテル(MERCHANT HOTEL)で飲茶料理です。

ペナン大橋は、韓国の現代建設(ヒュンダイ Hyundai Engineering & Construction Co., Ltd.)が、工事を請け負って建設した橋です。 マレーシア旅行記(7)

ペナン植物園の後は、マーシャントホテル(MERCHANT HOTEL)で昼食です。

外は30度以上の暑い日差しですが、ホテルに入ると、クーラーが効いて、涼しい環境です。

ロビーから見て、右側の奥の方に、これから利用する中華レストランがあります。

SUMさんは、常に携帯電話で誰かと連絡を取り合っています。

2つの円卓テーブルに分かれて、これから中華料理をいただきます。

協定価格のように、ビールの大は、30リンギットです。小は、15リンギットです。

ビールの銘柄は、カールスバーグ、デンマーク産で、日本でもよく目にする輸入ビールです。ビールが届くと、一同で乾杯です。暑いときの冷たいビールは、たまりません。

最初、揚げ物が出てきました。蛸の足か、イカの足のように、沢山の数にカットされているのは、中味が練り物のお料理でした。

マレーシアは中国人が多いため、日本と同じように、お豆腐がよく出てきます。今いただいているのは、揚げ出し豆腐のような、揚げ物です。

揚げそばをいただきながら、ビールが進みます。

ごま団子は、中にひょっとして、あんこが入っていたら困るので、見るだけでパスです。

沢山のせいろに入った点心を、大勢で囲んでいます。今日の中華飯店は、飲茶料理店でした。

次から次へと、飲茶が出てきます。どれも熱々で、とても美味しい飲茶でした。これなら、揚げそばやご飯は見送った方が良いくらい、美味しい飲茶でした。

お腹いっぱいになって、ホテルの外に出ると、ホテルのそばには、観光客用の輪タクが、待機しています。いずれも目立つように、花飾りやリボンで、ドレスアップしています。

再び、SUMさんの案内してくれるバスに乗って、これからオランウータンを保護している島に行きます。

途中、ペナン大橋を渡っています。SUMさんの説明では、この橋は韓国のヒュンダイ建設が請け負って作った橋です。1500人の囚人を連れてきて、工事に当たらせたそうです。建ってから30年経っています。

海上に架かる橋なので、橋の左右は海です。バスの右車窓はマラッカ海峡、左側は東インド洋です。

右のマラッカ海峡には、今日は霧が多いのではっきり見えていないですが、この奥に無人島があります。

韓国の企業が請け負って造った、全長13.5キロの橋を走り終えました。

オランウータンが保護されている所は、淡水の大きな池の中にある、小さな島です。この中に、野生のオランウータンの中で、親にはぐれた、親が育児放棄した、事情のあるオランウータンが保護されています。

島には、モーターボートを使って渡ります。およそ10分で島に渡れます。

しばらく、船着き場の前で、ボートが帰ってくるのを待ちます。世界的にも有名な保護センターに渡る船着き場なので、大勢の観光客が来るので、土産物屋が立ち並んでいます。

2014年3月14日(金)