ガレージ岡本は、阿南市にあります。JAFの協力会社で、救援に来てくれました。

ガレージ岡本の経営理念は、『人に喜びを与え続ける。感謝の気持ちを忘れるな。』です。徳島ツアー(11)

徳島県阿南市の町外れ、山の中で、JAFの救援を待っています。日は少しずつ沈み、辺りは暗くなり始め、気温もゆっくりと下がってきました。

早く来い、早く来いと、JAFの救援を待っていると、やっとJAFは来てくれました。この辺りの場所を、電話連絡で知らせようと思っても、この辺りの家は人が住んでいない家が多く、住居地の表示もありません。

やっと見つけた人が住んでる家で、この辺りの番地を尋ね、それをJAFの方に伝えて、そこからカーナビで車が止まっている場所を探してもらいました。

もしこれが先日の大雪の日だったら、JAFの車は順番があり、なかなか来てくれなかったかもしれません。

JAFの協力店のガレージ岡本と、車体に書いた社名があるレッカー車です。

車をガレージ岡本のレッカー車に乗せてもらい、松葉博雄と奧さんは、ガレージ岡本の社員の片山さんが運転する、運転席に乗せてもらいました。

これから神戸まで、ガレージ岡本のレッカー車に乗って帰ります。こんな事になるとは、予想もしていませんでした。

阿南市から神戸までは距離があるので、担当の片山さんは、いったんガレージ岡本の本社に戻り、神戸に行く支度をして、出発したいと申し入れがありました。

そこで、ガレージ岡本の本社に寄って、出発の為の手続きを社内で待ちました。ガレージ岡本の社長は、岡本忠晃さん、専務は内田竜也さんです。

とてもオープンな会社だそうで、営業成績は掲示板に掲示して、お客様にも見えるところに置いています。岡本忠晃社長は、会社をもっともっと成長させたいという、意欲が社内の掲示物を見て伝わってきました。

ガレージ岡本の経営理念は、『人に喜びを与え続ける。感謝の気持ちを忘れるな。』です。その為には、お客様の為なら時間をおしまず、夜遅くなっても、朝早くても、お客様の要望に応えているそうです。

専務の内田竜也さんは、松葉博雄を見ると、すぐに、無料のお茶のサービスを勧めました。自動販売機でお茶や、コーヒー、ジュースが無料で頂けるサービスです。

工場を見せてもらいました。ガレージ岡本は、JAFの協力会社なので、いつ、どこから、救援要請があるのか予測が立たないため、24時間、定休日なしの対応をしているそうです。

確かに車の事故は所構わず、時間構わず、こちらの都合構わずです。その為に、寝ずの番も求められます。これは大変、これはしんどい仕事です。

用意が調い片山さんの運転で、岡本ガレージのレッカー車に乗り、神戸に戻ります。まだ晩ご飯を食べていなかったので、途中、片山さんが推薦する、徳島ラーメンのお店によって、腹ごしらえです。

徳島のロードサイドには、徳島ラーメンのお店が実に沢山並んでいます。かなりのラーメン激戦区です。沢山ある中で、どこが一番美味しいのか、一見さんには分かりません。こういう時には、地元のリピーターの口コミが頼りです。

ゆ~ちゃんパンダに入ると、ラーメンと餃子をお願いしました。

しばし、片山さんと、仕事にまつわるお話を聞かせてもらいました。

JAFの仕事をしていると、いろいろな体験があるようです。

特に先日の大雪の時には、立ち往生した車が続出し、雪で動けなくなった車を救援した話が、もし、自分だったらどうしようと、考えてみると、とても身近な事故が沢山ありました。

片山さんを夕食に誘って良いかどうか、正直なところ、迷いました。これから遠くに車を運んでいき、帰り道は一人です。お腹が張ると、夜の運転がつい眠たくなり、ひょっとして、ラーメンを食べたばっかりに、居眠り運転で事故になったら申し訳ないという気持ちです。

しかし片山さんは、笑い飛ばしています。長距離運転や、長時間運転は、これまでの長い車の仕事の関係で、経験済みです。本当に眠たくなったら、駐車場に車をとめて眠るそうです。

片山さんを眠らせないように、助手席の松葉博雄と奧さんは、片山さんの身の上話や、仕事の話、会社の話、とうとう家庭の話まで、どんどん話が奥深くなってしまいました。

そうこうしている内に、夜10時頃、神戸の三宮の自動車販売店の修理工場に到着です。車を販売会社の駐車場に入れて、片山さんは徳島の阿南市へ、松葉博雄と奧さんは自宅に帰りました。

2014年2月20日(木)