岡山県日本原の別荘地を見てきました。山麓の別荘地は、遊ぶにはなかなかいいところです。暮らすには、草むしり、植木の剪定、家の掃除、暖房などで、維持が大変そうです。 U君と

岡山県日本原の別荘地を見てきました。山麓の別荘地は、遊ぶにはなかなかいいところです。暮らすには、草むしり、植木の剪定、家の掃除、暖房などで、維持が大変そうです。 U君と津山(5)

岡山県の北部に、自衛隊演習場がある、

日本原という台地があります。

中国山脈の那岐山に近い場所です。

ここから、更に那岐山の山裾を登っていくと、

別荘地があります。

この別荘地の中に、知人が別荘を持っていて、

その利用について、意見を求められています。

緩やかな山裾から、

段々傾斜がきつい山頂近くにまで登って行くと、

空気はかなり冷えています。

紅葉も、那岐山の山頂近くでは、

すっかり紅葉しています。きっと、

冬は寒いのだろうと思います。

高原に別荘を持てば、夏なら涼しくて、

都会とは別世界な、太陽がいっぱい、

緑がいっぱいの、開放的な別荘生活が出来そうです。

4月の10日頃には桜が咲き、

4月の20日頃にはワラビが採れて、

7月8月には子供達が喜ぶ、

カブトムシや、クワガタなどの昆虫が現れてきます。

10月になれば、松茸がとれるかもしれません。

しかし、松茸は見つけたからといって、

自分のものにはなりません。

松茸山の入札制度があるからです。

11月には、紅葉は紅葉し、盆栽造りの好きな人は、

山に入って苗木を選んで、鉢に植える時期です。

幸い、知人が居て、家の中を案内してくれました。

この別荘を有料で貸しています。

この近くには、保養所や別荘地が広がっています。

ちょっと来るには来てみたい場所ですが、

寒くなると雪が降り、部屋の暖房が大変そうです。

カーナビをセッティングすると、

ここから神戸に帰る中国縦貫道路の入り口は、

津山になります。

津山に行く途中、セルフのうどん店がありました。

うどんのセルフなら、自分でうどんをこねるのかなぁ?

と思って、お店に入って見ると、

うどんは既に出来ていて、うどん玉が、

鉢に入れられて、並んでいます。

ここからがセルフです。

鉢に入ったうどんを、自分で熱湯の中に入れて、

うどん玉を温めます。

どの位熱湯につけるかで、硬めか、柔らかめに変わってきます。

茹で上がったら、

うどんに入れる具材は、セルフで選びます。

松葉博雄は、大きな油揚げを選びました。

いわゆる、きつねうどんです。

トッピングのねぎ、かつお、

生姜、天かすは、無料サービスです。

U君は、うどんのことを「つるつる」と呼んで、

つるつる大好きです。

食べてみると、とっても美味しいきつねうどんでした。

これまで、うどんの店に色々行っていて、

セルフサービスは、

トレイを自分で運ぶ、返す、ぐらいがセルフでしたが、

津山の東部食堂では、

うどん玉を茹でるところから、セルフサービスです。

値段もセルフなので安く、

手打ちうどんで麺も美味しく、油揚げの炊き方や、

味付けも上等でした。

うどんつゆも上等で、結果として、また来たくなる店でした。

2013年11月18日(月)