あわじ花さじきでは、インドの撮影隊が恋の物語の撮影をしていました。

インドの撮影隊をお世話していたのは、三和プロライトでした。U君家族と淡路ツアー(4)

淡路島のあわじ花さじきの芝生で、U君を膝の上に抱き、ブログ用の写真を撮りました。

U君は、エネルギーをもてあましています。あわじ夢さじきのような広い芝生では、おもいっきり走って、エネルギーを消耗してもらわないと、今夜もなかなか寝付きません。

U君のお母さんも、走りたいのですが、妊婦さんなので走れません。

広い広いコスモスのお花畑を、U君とゆっくり散歩しています。

向こうの方に、何やら人だかりが出来ています。なんでしょうか?興味があるので、行ってみます。

だんだん近づいてくると、どうやら写真撮影か、ドラマ撮影か、映画撮影か、モデルを使って写真を撮っています。

機材を運ぶ、撮影道具の入った、トラックも一緒です。

トラックには、『sanwa PRO LIGHT』と書かれてあります。

一塊のグループは、日本人のグループではなさそうです。どこの国の撮影隊でしょうか?もっと近くに寄ってみます。

かなり向こうの方に、モデルの二人がいて、そのモデルをこちら側から、カメラ撮影しています。

どうやら、ラブロマンスを演じる、主役の二人のようです。衣装を見るとインド風です。

インドの国は広いのに、撮影する場所はどこにでもありそうなのに、わざわざ大勢で飛行機に乗ってこの日本の、さらに淡路島にまでどうして来たのでしょうか?

撮影中なので、声かけをしたり、尋ねたりする事は出来ません。分かったのは、インドから来た、映画の撮影隊ということです。

U君は2年半ドイツにいて、周りは外国人ばかりの所で育ったので、インド人の人達を見ても、別に臆する事もありません。むしろ中に入っていって、連れの人から、写真を撮られていました。

心残りなのは、あのインドの映画は、どんな映画だったのか、あの二人は、ストーリーの中で、どんな役を演じていたのか、なぜ、わざわざ淡路島を撮影地に選んだのか、謎が残ります。

秋の夕暮れは、つるべ落としです。あっという間に日が暮れて、気温も下がり、神戸に帰る時間です。夢舞台の閉園時間は5時です。5時になると、マイクで閉園の案内がありました。

駐車場の車も、5時を過ぎると出られなくなるそうです。大慌てで車に戻り、5時ジャストに夢舞台の駐車場を出ました。インドの撮影隊は特別待遇で、5時を過ぎてもまだ残っていました。

2013年10月31日(木)