釣れた魚と、買った果物の交換で、お互いにハッピーになりました。

「早く大きくなって僕も魚を釣りをしたいなぁ」と、幼児のU君は魚釣りをしたがっています。U君家族と淡路ツアー(2)

魚釣りです。大磯港の灯台があった所には、魚釣りに便利なように、皆さんが釣りの足場を作っています。

U君を連れて、灯台があった所に行ってみます。男の子は、たいてい釣りをしたくなります。4歳の今から、魚釣りとは、海釣りとはどんなものなのか、興味をかき立てるように連れて行きます。

淡路フェリーボートが廃止されて、大磯港には、フェリーボートが来なくなりました。

灯台も不要になりました。代わりに、釣り客が灯台の跡を利用しています。

まだ、U君一人では来られません。今日は、U君のパパが手を引いています。

先に来ていた釣り客の方が、灯台の跡地から、海に向かって、覗き込むように釣りをしています。見ていると、おもしろいくらい次々に釣れて、入れ食い状態です。

灯台の周囲には、海草が茂っていて、そこに小魚が住み着き、小魚を求めて中型の魚も来ています。

クーラーボックスを見せてもらうと、アジとハゲでいっぱいです。

U君は触りたくて、生きてる魚もつかみたくて、興味津々です。海の魚は、体のあちらこちらにトゲを持っているので、うかつに触るとトゲに刺される事があるので注意が必要です。

人の良いおじさんで、U君が触っていると、「欲しければいくらでも持って帰っていいよ」と、持ち帰りを勧めてくれました。

お言葉に甘えて、U君は、何匹かアジとハゲを頂きました。

このおじさん、岡山県の高梁市から来ているそうです。近くのジャンボクラブの会員権利用で、20年前から、年に何回か、奧さんと一緒に淡路に来ているそうです。

U君は頂いた魚を持ち帰り、バァバに見せると、そんなに沢山釣れて、釣れても料理に困ってる旅行客なら、もっともらいに行こうと積極的になりました。

松葉博雄と一緒に、もう一度高梁市のおじさんの所に行って、みかんや、いちじくの果物と、魚を交換する形で頂きました。

高梁市のおじさんは、岡山の言葉が隠せません。話を聞いていると、すぐに岡山の人だと分かりました。

有馬にもジャンボクラブのホテルがあって、そちらにも一年に何度か利用して泊まっているそうです。

淡路の利用のネックは、明石海峡大橋の利用料金です。往復すると高く感じるそうですが、これでも、何年か前から大幅割引になっています。

フェリーボートが廃止になり、港が寂れると、魚は却って増えて、魚を求めて、海鳥も集まるようになりました。

海辺の葦の群生には、小鳥が沢山集まって、葦の実を食べています。港が寂れる代わりに、自然が回復して、良いこともあります。

2013年10月31日(木)