主婦の喜びは、上げ膳据え膳です。座っただけで、食べて帰れるのが、盆休みの喜びです。

みんなで朝ご飯、みんなで昼ご飯、みんなで晩ご飯、料理を作る人も、食べる人も、片付ける人も、お休みで、みんな平等です。 孫達との夏休み(6)

阿波踊りを徳島まで見に行って、U君とリッキー君の、二人の孫が、甚兵衛さんを着て、幼い体で手振りで拍子をとって、阿波踊りのリズムに合わせて足を動かせる、可愛い踊りを夢見ていたものの、初めての阿波踊りの熱気に圧倒され、上手くサーフィンの波に乗るように、阿波踊りの波に乗り損ねてしまいました。

一夜明けて、昨夜のことは、もうあまりこだわりが無いようです。早くも次の遊びに取り組んでいます。

2歳と3歳の頃は、わずか1年の違いで、体の成長や、分別に大きく1年が影響します。年長のすることに、年少が追随します。つまり、U君がリーダーで、リッキー君はフォロワーの関係になっています。

朝ご飯は今朝も、9時半になるのを待って、渡舟食堂に日参です。

以前の、淡路フェリーボートの発着場であった大磯港は、その後次第に山から流れ込む砂で、少しずつ港が埋もれていっています。海水浴には都合の良い、遠浅の海岸が生まれています。

朝ご飯を食べたと思えば、しばらくすればもう昼ご飯です。喫茶店「ルート28」で、昼ご飯です。松葉博雄は、2012年11月にも、このルート28に来ています。そのときは石焼きピビンパを頂きました。

今回は、焼きそばとサラダ、ご飯、味噌汁、お漬け物の付いた定食と、

和風ハンバーグの野菜添え、サラダ、ご飯、味噌汁、お漬け物がついた定食にしました。

お盆休みなので、主婦には台所の負担が無いのが一番です。主婦3人は、外で食べられる幸せを味わっています。

お昼のおやつです。おやつといっても、熱中対策を兼ねたおやつです。リッキー君とU君が、交替でかき氷製造機のハンドルを回します。

松葉博雄も、幼い時にはかき氷を作るのが大好きでした。自分の分だけでなく、家族のみんなのかき氷を作っていました。兄弟間では、かき氷を作ったくらいでは、大きな感謝は得られませんでした。

夕方になると、カニ籠を引き揚げに行きます。U君とリッキー君は、自分の手柄にしたくて、僕がする!、僕がする!、と、引き揚げの係を主張して、なかなか主張が収まりません。

皆さんが、休憩しているときに、松葉博雄は子供達を喜ばせるために、スーパーマーケットに行って、魚のアラを買ってきました。大きな獲物を得るためには、初期投資が大切です。昨夜のカニ籠の餌にしたのは、鯛のアラです。鯛のアラは、スーパーで比較的安く売っています。

鯛のアラをカニ籠に入れたので、今度は幾分自信があります。夕方にカニ籠を投げ込んで、後は成果を待ちます。次に晩ご飯です。今夜は焼き肉にします。国道31号線を通って海沿いに、晩ご飯のお店を目指して、車で向かいます。

段々日が落ちてきました。立秋を過ぎて、少しずつ日の暮れるのが早くなって来ている気がします。

海に太陽のオレンジ色の跡が付くことを、オレンジロードというそうです。まともに見るとちょっと目を痛めそうな、夕日の強い光が、こちらに向かって差してきています。

心理学者のユングは、40歳を「人生の正午」と例えていました。それなら松葉博雄は日暮れ時、U君やリッキー君は、時計の針を一回り遡って、早朝になるでしょうか。

淡路城が見えました。改修か、塗装し直しているのか、城の周りに足場が組まれています。

松葉博雄のご一行様は、全員で7名です。皆さんがそれぞれ、あれを食べたい、これを食べたいと、それぞれリクエストすれば、夕食の話はまとまりません。そこで、鶴の一声で、「今夜は焼き肉」と、決めました。これから焼き肉屋さんに向かいます。

2013年8月14日(水)