東京ブルースの歌詞で、話は盛り上がりました。三原の街でも、神戸の街でも、ブルースです。

広島弁の三原地方の言葉で、話を聞くと、暗い話も明るく、つらい話も笑いを誘われてしまいます。 お墓参りに広島へ(3)

みはらし温泉に細井鮮魚店の細井さんが、車で迎えに来てくれました。夢の宿の食事は、地元の人はレベルを知っているので、三原市のお店に行こう、ということになりました。

選んだ店は、JR三原駅のすぐそばにある、和食の『ひょこめ』です。ひょこめは、夫婦二人で経営してるお店で、松葉博雄も何度か利用した事があります。

細井さんは、とても賑やかな方で、どれだけお酒を飲んでも、飲み相手として期待していましたが、それほど沢山は飲めないそうです。

魚市場に仕入れに行く日は、午前1時に起きて、魚市場に行くそうです。午前1時なんて、みんながぐっすり寝ている時間です。

アサヒスーパードライの生を飲みながら、奥さんは地元の広島の清酒を飲みながら、細井さんとお話が弾みます。

細井さんの身の上話は、聞く人が、それだけあれこれあったら小説が書ける、と言うそうです。

確かに、人が良いのか、みんなが集まってくるのか、大変な話が詰まっています。

松葉博雄も、ビジネスで多少はあれこれ経験しているので、それって、東京ブルースですね、と、あいづちを打つと、細井さんは、そうなんよ、私の一番の持ち歌が東京ブルースで、これが大好き と手をたたいて、喜んでいます。

東京ブルースとは、『泣いた女がバカなのか、だました男が悪いのか、、、』と、女と男の情愛を歌った歌です。

それは、男と女の駆け引きに限らず、ビジネスにも信頼と裏切りの問題もあるのです。

広島弁の、三原地方の言葉は、明るくて、庶民的で、聞いているととっても明るく、聞こえてきます。しかし、すべてが明るい話ばかりでは、ないのですが、それを明るく話すので、細井さんのところには人が集まってきます。

ひょこめの御料理は、とても美味しい御料理です。魚を中心とした御料理です。

今夜のひょこめの席は、満席です。カウンター席でも、テーブル席でも、人生のテーマで、ブルースになるような話が続いています。

松葉博雄と奥さん、そして細井さんの3人が、久しぶりにお腹をかかえて笑うほどの楽しいお酒になりました。これなら、また、次のお墓参りには、三原に寄って、細井さんと一緒に飲みましょうねと、話がまとまりました。

細井さんは神戸が好きだそうです。以前に、東灘のジャックダニエルのケーキが好きという事を聞いてたので、お土産に持って行った事があります。

ジャックダニエルのケーキを、お土産に渡すと、大喜びした時の事が思い出されます。

ひょこめの締めは、おかゆです。あれやこれや瀬戸内海の小魚を頂いて、とても美味しい御料理でした。細井さんは、このひょこめの近くにお住まいで、歩いて帰れます。

松葉博雄と奥さんは、タクシーでみはらし温泉に帰ります。そのタクシーの運転手さんも、細井さんの事を知っていて、帰りの車は話が弾みました。

2013年6月5日(水)